【 難関10大学と 国立医学部薬学部は 3年間努力した人だけのもの 】

 

合格して行った子たちを

見ていて思うこと。

 

高校3年間 

勉強し続けている人が

「現役」で

「難関10大学」『医学部」「薬学部」に

 

合格して行っているという事実だ。

 

 

この観点は 非常に大事な試金石。

終わりの方にちょこっと頑張って

難関10大学は 基本厳しい。

 

スタハ 辰村

 

PS  もちろん 高校入試までもある程度のところにいることは大事だ。

 

 スタハは最短距離を求めるからこそ

 これからも「演習」にこだわる。

 

 東京に追いつくにはこれしかない。

 

  




がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

金沢市統一テストまで

令和元年11月8日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和2年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和2年3月10日、11日

カウントダウンタイマー

大学入試センター試験まで

令和2年1月18日、19日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

是非フォローお願いします

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




2 件 のコメント “【 難関10大学と 国立医学部薬学部は 3年間努力した人だけのもの 】”
  1. ショップ店長 より:

    辰村先生、東京出張お疲れ様です!
    受験で使用する社会の選択科目について教えて下さい。
    子どもから聞いたのですが、周りの受験生は歴史と地理を選んでいるとのことで、恐らく3年で習う科目だから、と聞きました。
    私の(古い)感覚ですと、そんな重たい科目を2つ、しかもまだ終わってないものを選んで大丈夫か、と思うのですが、スタハの受験生の皆さんは何を選択してましたでしょうか?現代社会や倫理を選んでましたか?
    また、ゼロから勉強をする場合、どの科目を選択するのがいいか、先生のご意見をお聞かせいただけないでしょうか。
    よろしくお願いします!

    1. studyhouse より:

      ショップ店長様

      こんばんは。

      社会を ふたつ選んでいるということは

      文系ですね。

      理系は 地理が 圧倒的に多いです。

      多分 科目の特性上 少ない努力で ある程度の点数が取れるからだと思います。

      ただ 90点以上は 科目の特性上 点数を取りづらいですが

      理系なので 80点台で十分と 考えている人も多いと推測されます。

      文系で 一番大変な組み合わせは

      世界史 日本史ですね

      この2つをセンターで取ると

      膨大な時間が取られると思います。

      私たちの時代は

      よく 倫理が 医学部志望の人を中心に

      勉強している人が多かったですね。

      最近は 文科省も簡単なこと?笑が わかってきて

      政経 と倫理が 2科目で 1つの科目になりましたが(笑)

      今年の理系のデータで言うと

      世界史 0%
      日本史 16%
      地理  84%
      です。

      ほぼ地理ですね。

      文系のデータですと
      (2科目)

      世界史 84%
      日本史 44%
      政経倫理44%
      地理  24%
      現社   4%

      でした。

      興味深いことに

      学校ごとに 傾向がありました。

      泉丘は 世界史と 日本史
          または
          日本史と 地理か 世界史と地理
          のみ

      二水は 世界史と 地理
          日本史と 地理の組み合わせのみ。

      桜丘は 世界史と 政経倫理

      錦丘は 世界史と 政経倫理が

      多かったです。

      スタハの生徒だけかもしれませんが

      学校ごとに

      くっきり 別れていました。

          

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事