【 金沢泉丘  30人中29名合格 合格率 97% 】

images11

チャレンジ受験の子が 1人落ちたが

彼も私立でやってくれるでしょう。

 

彼は 10月に スタハに来た。

偏差値52だった。。。。

ちょうど金沢西レベルだった。

それから頑張って

2月に 二水レベルの合格圏まで来た。

最初から 二水志望だった。

良かったなと思ったら

「 泉丘受けたい。」と言ってきた。

すごいなと思った。

うちは 合格ラインとかしっかり伝えますが

最後は子どもの意見を尊重する塾なので

彼は 受験した。

 

今回は残念だったが

本当に彼は頑張った。

ほめてあげたい。

 

大学入試が本番!!

大学入試が全国大会!!

 

がんばれ(^◇^)

僕がついてる。

 

 

スタハ たつむら

 

PS 金沢泉丘 30人中29人合格 合格率97%

 

[blogranking1]



↑   北國新聞掲載

石川県総合模試1位2位3位独占

 

石川県総合模試 スタハ模試会員募集中

10月受験より申し込めます

(9月11日現在 すでに 能登地方のみしか受験会場がありません)

よってスタハの教室の緊張感ある会場にて 受験することができます。

やはり 入試の会場と疑似体験することによって子どもたちの成績は伸びますし 本番に強くなるのは明白です。

もちろん 会場にキャンセルなどがあり 場所が開けば すぐに スタハがその会場をおさえますので

お忙しい保護者の皆様に時間の面でも助けることができると思っています。

毎年スタハの人気企画。

なぜ人気なのかが クリックするとわかります笑

 

 

 


 

↑ 金沢泉丘元校長 宮本先生との対談の内容記事 ここをクリックすると見やすくなります

↑  クリック

 

 

 

 


↑   クリック

スタハ公式Twitter

フォローお願いします!!@studyhouse1119

公式インスタグラム

フォローお願いします。@studyhouse1119​

 

記事まとめ(お時間ある時にでもお読みください)

※戻るボタンを押して戻りながら読むと効率よく読むことができます。

↑  石川県総合模試のまとめ
1000件以上あります笑

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和5年1月14日、15日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和5年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和5年2月1日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和5年3月7日、8日

カウントダウンタイマー

 

 

 

2022年

高校部門

22年実績

小松20名

(昨年より16名増)

(過去最高)

↑小松駅前校は 去年3月開校。初年度の結果。

 

 

金附 泉丘 二水 

石川高専 小松 桜丘 

112名合格

(過去最高)

+34名大幅アップ

(+44%アップ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学部門

2022年実績

 

 

大躍進!大幅更新!

国公立大学 

75名合格!!

(昨年比+42名

(昨年度から一気に2倍以上)

(過去最高更新)

 

北海道大学薬学部

名古屋大学2名

神戸大学2名

 

慶應義塾大学

 

早稲田大学

 

大阪公立大学2名

京都府立大学

千葉大学

金沢大学21名

(過去最高更新)

 

明治大学

青山学院大学

立教大学

法政大学

中央大学

 

同志社大学

立命館大学他

 

 

 

 

 

 

中3 石川県総合模試 スタハ成績の推移

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ スタハの子どもたちの声を拡大できます クリック

 

 


 

ここをクリックすると拡大して綺麗に見れます

↑    クリック  

 

 

実績

例えば第4回では

第4回石川県総合模試(中3)(北國新聞主催)

10月17日(日)実施

石川県2位 455点 偏差値73

石川県3位 444点 偏差値72

石川県3位 444点 偏差値72

 

石川県1位はいなかったが

2位3位独占

石川県上位100番以内

14人がスタハ生

 

 

 

 

 

 

金大附属高校 山本先生との対談記事

↑  クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 


 

↑ 金沢泉丘元校長 宮本先生との対談の内容記事 ここをクリックすると見やすくなります

↑  クリック

 

2021年実績

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

石川県総合模試(北國新聞主催)

↑ 

 

 

 

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

 

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和5年1月14日、15日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和5年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和5年2月1日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和5年3月7日、8日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

↑   携帯はここをクリック。




2 件 のコメント “【 金沢泉丘  30人中29名合格 合格率 97% 】”
  1. 保護者 より:

    いつも拝見しております。
    私は合格した子供の保護者です。
    「30人中29人」これはすごい数ですね。熱心な指導のたまものだと思います。
    しかし、この表記はいかがでしょうか?入れなかった1人はどんな気持ちでしょう?
    先生のフォロー文を見ても、皆の合格率を下げてしまった事、自分ひとりだけ残念だったことにずっと哀しむのでは?
    塾では子供達の中で該当者探しにもなりかねないでしょう。
    だれも落ちるつもりで受験する子供はいません。先生の文をはフォローでは無く言い訳にしかすぎません。
    親は合格させたくて、その為にお金を払っているのです。いわば先生も責任をおっています。フォローするなら個人的にしてあげたらいかがでしょうか?本当にその子の為のですか?
    宣伝色が強く感じられ誰の為のblogなのか?疑問に思います。
    先生だからこそ、子供の為に本当に何が良いのか?考えて頂きたいのです。
    「歯をくいしばって頑張っている」それをblogで発表してほしいと、その子は望んでいましたか?

    1. studyhouse より:

      率直なご意見 ありがとうございます。感謝します。おっしゃられていることはいつも自問していることです。ありがとうございます。そう取られる人もおられることも承知しています。反論するつもりもありませんし それも正しいことだと思っています、 ただ 今 教育界の学校や 塾は 明らかに保身に走っています。合格人数を載せるところは 本当に多くなりました。ただ 中学校で発表している学校は 石川県に一校もありません。またその義務もありませんが。高校は しっかりと載せています。ただ どれだけの人数が受けて どれぐらい受かるのかという 大切な情報は欠落しています。浪人か現役かの人数は載せるようになったのは 大きな進歩だと思っています。塾も様々です。日本には いろいろすごいことをしていると宣伝している塾もありますが 肝心の進学実績を載せない塾も多いです。つまり その素晴らしいことの結果が見えないのです。それが負の情報になる場合もあるからです。また 日本には 人数を前面に押し出して 沢山合格していることをアピールする塾も多いです。でも その背後に どれほどの人が落ちているかは 伏せています。合格率はもちろん載せません。ルールがない以上 どういうことを 情報公開するかは 本当に自由です。だから それでもいいのです。責めるつもりもありませんし それでいいと思っています。ただ スタハは 実直に生きていきたいのです。いいわけではないですが その子は 昨日 みんなと笑顔で接して 強く強く行動していました。みんなを笑わせながら 友との語らいを楽しんでいました。最初はもちろん緊張した面持ちでしたが それも最初だけで やはり 家族と一緒みたいに 顔が安心感で満たされていきました。私は だれよりもその子のことをずっとみています。スタハは 友達との距離が非常に近い塾です。信じられないかもしれませんが 家族的に励ましあい 心から友達を思い頑張っている塾です。成績も貼り出しています。だから 努力の過程も 全員が知っています。また 高校入試が途中であり 成長の過程であることもしっかりと把握しています。大学や社会人のほうが もっと大変であることを朝礼等でいつも話しています。切磋琢磨しつつ みんなで 各教科のバランスを自分たちで考えながらしている塾です。ご意見ありがとうございます。感謝しています。長文 読んでいただいてありがとうございます。感謝しかありません。

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事