【 金沢大学附属中学校に 合格する極意!】

3

まずは 学校の入試案内から(^O^)

 

ちょっと 昔のですが(笑)

1 募集定員 第1学年 160名 ただし,附属小学校からの連絡進学者を含みます。

2 応募資格 平成27 年3 月に小学校卒業見込みの者で,下のいずれかに該当する者とします。
(1) 石川県内に保護者とともに居住し,入学後も保護者のもとから通学する者で,通学に要する時間が公共交通
機関を利用して片道1 時間20 分以内であること。
(2) 現在は応募資格(1)の要件を満たさないが,保護者の転勤に伴う転居等の理由で,4 月以降は(1)と同等の資格
を有すると認められる者。
* いずれの場合も入学願書裏面の「応募資格の確認」欄に記入の上,小学校長の確認印をもらってください。

3 入学願書
(1) 交付期間 平成26 年11 月27 日(木)~平成27 年1 月9 日(金) 9:00~16:00
ただし,土・日・祝日・12 月29 日(月)から1 月3 日(土)を除きます。
(2) 出願受付期間
平成27 年 1 月9 日(金)~ 1 月15 日(木) 9:00~16:00 ただし,土・日・祝日を除きます。
(3) 出願に必要なもの
・ 入学願書(引き換えに「受験票」を渡します。)
・ 振込金証明書(次頁の入学検定料の項目を参照してください。)
・ 顔写真 2枚(4cm×3cm)
無帽で3ヶ月以内に撮影し,裏面に氏名,在籍小学校名を書いたものとします。
1枚は願書に貼り,1枚は担任に提出してください。
(4) 郵送による出願の場合は簡易書留とし,受付締切日当日の消印のあるものまで有効とします。
・ 受験票返送用として,返送先の宛先を書き392 円分の切手を貼った定形封筒を同封してください。
(5) 願書提出先 金沢大学附属中学校(2階 中学校事務室)

4 調査書
志願者在学の小学校長は志願者の写真を糊付けした調査書を封緘し,平成27 年 1 月9 日(金)~
1 月19 日(月)の間に本校学校長宛,簡易書留で郵送してください。

5 選考について
(1) 選考日時:平成27 年2 月7 日(土) 9:00~(集合8:30)
(2) 日 程:
1時間目 2時間目 3時間目 午 後
国 語
9:00~9:40
算 数
10:00~10:40
総 合
11:00~11:40
昼 食
11:50~12:50
体育実技・面接
13:00~
*総合は社会・理科の総合問題です。
(3) 選 考:調査書, 学力検査,体育実技,面接により選考を行います。

以上抜粋。

 

 

 

尚 昨年から 12月に入試をするようになっています。

早まりました。

 

 

 

 

 

以下は スタディハウスから(^O^)

 

 

1、 国語 数学 総合(理科 社会)の3科目

配点は非公表ですが  たぶん 同じ配分だと思われる。

理由は すべて同じ試験時間だから。

なので スタディハウスでは それぞれ 配点100点にしている。

2、 国語 標準的な問題。

ただ いつもの小学校のテストよりは難しいので演習が求められる。

中1くらいのレベルではないだろうか?(^O^)

努力でカバーできる範囲だ。

作文は 25年度までは 出ていたが 26年度は 出ていない。

また 作文といっても 150字程度なので 原稿用紙の半分以下です。

附属入試の理科社会の総合問題で 記述の練習をすることが求められるので

作文は 出たとしても 朝飯前でできてしまうだろう。

文章問題は2題出題。

60点から75点は取りたいところ。スタハ戦略。

3 算数   ちょっと難しい問題も入っているがその問題はスルーして大丈夫。

目標 65点か 70点くらい。

国語が取れるのであれば 55点か60点でも合格できるだろう。

例年 計算2題。  ちょっと長くて難しめだけど 解けるレベル。

早く正確に出来る練習を心がけたい。

文章題も多い印象。 図形 規則性も。

最後の問題は いつも難しいので 部分点ねらいで 合格できる。

ここを 「 附属だからといって 無理に解くことはない。」

東大の数学だって 6問中3問は 捨て問題ですから(^O^)

4 総合問題(理科 社会)

国語や算数と 同じ時間の40分なので たぶん 同じ配点だろう。

知識を問う問題は 圧倒的に少なく ほとんどが記述問題。

国語力が求められる。

錦丘中学校の過去問などで 訓練されている子供は 書きやすいのではないかな。

理科と社会 半分ずつ出ます。

社会は 時事問題みたいな感じ。

理科も 実験ぽい問題が多い。

細かい知識は ほぼいらない。

理性的で 論理的な考えができるように指導していきたい。

5 面接     例年通りであれば 集団面接。

待っている時間等も 当然先生方が チェックしているので

堂々と 待つことが求められる。

7 体育    普通のマット運動とか 平均台とか 跳び箱とかなどなど。

加点されるような感じではなく 面接同様 その子の

雰囲気 人間性を見ている気がする。

もちろん 出来るに越したことないと思うけど。

8 調査書   当然 各小学校の1番前後が 受験してくるので 出来て当たり前。

逆に 学校の成績が悪いと 相当目立ってしまうと思う。。。。。

中途半端に 学校の成績を修めるのではなく

「 徹底的に 上ばかりの成績をとって欲しい。」

3段階評価であれば 必ず 一番上の成績を取れるようにしておく。

錦丘中学校も そうですが 合格する確率を上げるために

入試だろうが 面接だろうが 調査書だろうが 全てできるに越したことない。

学校のテスト 1つ1つをがんばるしかない。

ちなみに 錦丘高校は 5年中 4回ぐらい内申書を見ている。

入試で 30点 40点の大逆転なんてざらにあります。

成績データ(入試の点数)の開示から 大逆転が非常に多いことがわかっている。

当然 その子分である錦丘中学校(笑)も 内申書を見ている。

9 塾に通わなくても 附属は合格できるのか?

塾独特のデータが どこの塾にも満載していると思います。

塾に行かなくても合格できる子もいると思いますが 圧倒的に少数でしょう。

また 子供たちからも 現実にそう聞いています。

東大や 附属高校や 泉丘高校にも 塾なしで合格するひともわずかにいると思いますが

多くの場合 積み上げてきたものがあったり 圧倒的な理解力を持っていたりして

乗り切ってきている子が 大半だと推察できます。

合格確率を上げるためには 模試や その学校にあった対策をしてくれる塾に

行ったほうが得策であることに

間違いありません。 特に附属中学校入試は 特殊なので。

また 合格するための戦略が どうしてもプロの方が 緻密です。

あと 積み上げてきた経験が比べものになりません。

素直に 手伝ってもらったらいいと私は思います。

10       ここ数年 問題の傾向は 大きく変わりません。

また 形式が変わったとしても 難しくなることはないと思われます。

そう思う理由は以下のとおりです。

附属が人気化し もっとハイレベルの戦いになったら そうなるかもしれませんが

やはり 泉丘高校に 押されている感が拭えない。

よって 泉丘人気が続く限り 難易度もあまり変わらないと推察されます。

もちろん 附属の先生の腹のすえどころで いつ傾向が変わってもおかしくないのですが(^O^)

11      附属中学に入っても 160人中 65番以内でないと 上の高校に進学できません。

附属中合格は あくまでも通過点。

立ち止まることなく やり切るしかありません。

現在 金沢市と 金沢市近郊(野々市 白山市 内灘 津幡 河北など)で 5000人から 5500人くらいの

同学年の子供たちがいます。

附属や 泉丘高校に 入っても

たったの10分の1の中に入ったに過ぎない。( 附属120人 泉丘400人 合計 520人なので)

東大に合格するのは 400人中1人 ( 全国で同学年が120万人 東大は 3000人が定員のため)

そして 泉丘高校の 400人中 100番以内に入らないと 帝大に入ることはできない。

中学や高校も大事だけど

本当に頑張るべきは 高校だと 私は考えます。

中学は助走に過ぎない。

高校こそ ガチンコで頑張り

全国のライバルたちに 打ち勝って欲しい。

センター試験だけで 55万人前後 受験するのですから(^O^)

入試を通して  人間力向上に努めるとともに

継続的な習慣の大事さや

考える力を 養ってほしい。

そして 将来 社会貢献をするために 今

一生懸命努力しているんだということを 認識して欲しい。

仕事を通して たくさんの人の笑顔を見れる

そんなお子様に 育てたいと思いませんか?(^O^)

スタディハウス  辰村和俊




久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

 

 

石川県総合模試(中3) 

石川県トップレベルのスタハ

約5000人が受験

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

日本1位の合格実績(AIC)

ニュージーランドの世界的なトップ校

 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




2 件 のコメント “【 金沢大学附属中学校に 合格する極意!】”
  1. 匿名 より:

    辰村先生 ,とても尊敬しています‼️

    1. studyhouse より:

      え? あ ありがとうございます 努力を続けます。

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事