【 進研模試 金沢泉丘  3教科 254点  偏差値78.3 高1 】

↑   昨年行った時  東大

 

 

 

進研模試

金沢泉丘

高1

 

英語 82

数学 88

国語 84

合計 254点

偏差値78.3

 

石川県37位

 

GTZ    S1(最高ランク)

 

 

スタハ 辰村

 

 




第7回(1月) 中3 石川県総合模試 スタハ成績

↑  A判定レベルにおける スタハ内の人数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ スタハの子どもたちの声を拡大できます クリック

 

 


 

ここをクリックすると拡大して綺麗に見れます

↑    クリック  

 

 

実績

例えば第4回では

第4回石川県総合模試(中3)(北國新聞主催)

10月17日(日)実施

石川県2位 455点 偏差値73

石川県3位 444点 偏差値72

石川県3位 444点 偏差値72

 

石川県1位はいなかったが

2位3位独占

石川県上位100番以内

14人がスタハ生

 

 

 

 

 

金大附属高校 山本先生との対談記事

↑  クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 


 

↑ 金沢泉丘元校長 宮本先生との対談の内容記事 ここをクリックすると見やすくなります

↑  クリック

 

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

石川県総合模試(北國新聞主催)

 

 

 

 

 

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

 

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




2 件 のコメント “【 進研模試 金沢泉丘  3教科 254点  偏差値78.3 高1 】”
  1. 進研模試 より:

    素晴らしい成績ですね!
    コロナの影響で休校が続いたにも関わらず例年と同じテストでキチンと成績を残せるという事は日頃からの積み重ねの結果がしっかりと出ているという事ですね。

    子どもは他塾に通っておりますが高校に入ってからは色々と勉強面で苦労しているようです。
    泉丘に通っている平均より上の点数をとっている子たちは学校の授業よりもずっと先の勉強まで進めているような子がほとんどなのでしょうか??

    進研模試でこの記事くらいの点数を取れるような生徒さんは基礎を早めに仕上げて早い段階から(中学で高校の勉強を進めていた)応用に取り組んでいたような子がほとんどですか???
    学校と同じペースで進む子を見ていると遅れているような気がするので親子共々焦りを感じ始めています。
    (昨日から校内の模試も返却されてきています。)

    今後の塾の選択、通い方などにも悩み始めています。

    1. studyhouse より:

      進研模試様

      おはようございます

      スタハは 人それぞれなのですが

      トップ高の人は 4月5月の休校の時に

      数学は ほぼ仕上げた子が多いです。

      高校は 数学で決まると思っています

      塾講師を始めて 30年ほどですが

      ほとんどの子が もう90%以上の子が

      数学に 60%から70%ぐらい 時間をかけています。(高3の夏休み以降は バランス型になります)

      つまり 数学を制する子は 大学入試を制すると

      私は 確信しています。

      文系であっても やはり そうだと思っています(私立文系を除く)

      先取りできなくても

      まずは 学校で習ったことを

      泉丘 星稜Aであれば フォーカスゴールド

      附属であれば レジェンド

      他の学校は チャートを

      そして 問題集である サクシードを 反復練習するに限ります。

      この反復ができているかどうかで

      成績が 決まります。( いろんな子に 統計をとったことがありますが まさしく サクシードの回転数と 成績は ほぼ正比例の関係です)

      多分お子様は 一生懸命頑張っておられると思いますが

      「演習時間」が少ないかもしれません。

      サクシード 何回転しているか 聞いてみるのはいかがでしょうか?

      もし 2回以下であれば ちょっと 増やしたほうがいいかもです。

      アウトプットで 高校数学は決まります。

      中学は 簡単なので

      できる子は 一回やったら 大丈夫な子も多いですが

      高校数学は 無理でしょう。

      トップ大学に行く人は 中学の10倍は やっていると 

      みんな言っていますので(スタハ講師 帝大や医学部)

      中学の5倍から7倍が 金大の学部生

      いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

      もう お友達の気分です笑

      これからもよろしくお願いします。

      スタハ 辰村

      PS 私も今 マラソンから帰ってきたとこです笑

      朝は 気持ちがいいですね。

      心身ともに鍛えて

      皆様に貢献させていただきたいと思っています。

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事