【 東京の入試が 戦国時代に突入した!! 】

imagesOY9N3RJ3

高校入試関係者に聞く! 2017年高校入試はこうなる

 

 2017度の高校入試は、今回の結果を踏まえて大きく動きそうだ。すでに、難関高校受験者向けの模擬試験である駿台模試は、2017年度の予想偏差値を更新。日比谷高校の偏差値を大幅に引き上げた。男女共に、日比谷高校史上最高の激戦入試になることは間違いない。

特に男子は厳しい戦いになる。最低でも、早稲田・慶応の附属高校レベルを確保できる学力は必須。従来の開成・筑駒・東京学芸大附属の層が、日比谷を第一志望にするようになり、相当上がりそうだ。

逆に難易度が大きく下がりそうなのが、開成高校と東京学芸大学附属高校。開成高校はここ数年、辞退者の増加に悩まされ、高校募集の削減や中止のうわさもあるが、来年は日比谷の併願校化が止まらないだろう。開成高校はそろそろ、高校募集の転換期になってきたかもしれない。

東京学芸大学附属高校は、日比谷高校に東大合格率で抜かれ、大学進学実績の優位性はなくなった。共学志向と都内中学生は、一気に日比谷に流れることになる。また、東京学芸大学附属高校は高校入試の入学者の多くが神奈川出身だが、神奈川の公立、横浜翠嵐高校が東大の現役合格率では遜色ない数字を出し、神奈川の受験生も横浜翠嵐に流れそうだ。

東京学芸大学附属高校は、首都圏の都立・公立高校の復権が進むにつれ、東大実績を落としており、100名台、70名台、50名台と、数年おきに一気に下がっている。中学入試でも、共学校の渋谷教育学園渋谷中や、小石川中の躍進で、附属中学の倍率、偏差値は落ちており、附属高校に内部進学する学力層も下がりつつある。こうした情勢から、東京学芸大学附属高校は、極めて厳しい立場にあるといえる。

現中3が大学入試を迎える2019年、大学進学実績における高校の力関係が大きく動いていることだろう。注目したい。

 

群雄割拠。

戦国時代。

 

さあ 地方に飛び火しそうだ。

現に

石川県でも

附属人気よりも

泉丘人気が 台頭してきている。

 

スタハ たつむら

 

[blogranking1]




 

 

 

金大附属高校 山本先生との対談記事

↑  クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 


 

金沢泉丘元校長先生 宮本先生と スタハ塾長辰村との対談記事です

↑   クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

 

石川県総合模試(北國新聞主催)

 

 

 

 

 

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

日本1位の合格実績(AIC)

ニュージーランドの世界的なトップ校

 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事