【 日本の子どもたちの調査 】

 

国立青少年教育振興機構(東京)の調査。

4か国の比較。

 

「勉強したものを実際に応用してみる」と答えた日本の生徒の割合は10.2%で4カ国の中で最も低い。

 

勉強の仕方を問う質問で「勉強したものを実際に応用してみる」と答えた生徒の割合は

米国が65.5%

中国が34.2%

韓国は14.5%

日本は最下位だった。

 

 

「教わったことをほかの方法でもやってみる」

日本が7.5%

米国(45.8%)

中国(25.9%)

韓国(10.4%)

 

「試験の前にまとめて勉強する」

日本が69.3%で最も高い。

 

 

 学校生活が楽しいと答えた生徒は78.8%で4カ国で最も高い

「学習よりも学校で人間関係を培うことに重きを置いている」(同機構)。

 

 学校の授業や宿題以外に「2時間以上」勉強すると回答した高校生の割合は比較可能な

09年の調査より3.1ポイント高い10.8%だ。

 

平日に学校の宿題をしない生徒は12ポイント下がって11.2%になった。

同機構は「学習時間は増えているが、学習の仕方は変わっていない」。

 

 授業中に「居眠りをする」生徒は63.1%と09年から17.9ポイント増えている。

 

授業中に「ボーッとしている」生徒も60.6%で15.8ポイント増えた。

 

 

授業も大事だけど

演習時間が不足しているようだ。

日本人は受け身の人が多いため

やはり 塾としては

アウトプット主導で応援することが自然になる。

 

宿題はアウトプットの演習が多いと思うが

平日にあまりしていない。

 

インプットに傾いた日本の実情がある。

 

これでは 世界で勝てない。

 

能動的に

ワクワクしながら

学んだことをどんどん使って

幸せになってほしい。

 

スタハ たつむら

 

PS スタハは これからもアウトプットで行きます(笑)

 

[blogranking1]




 

 

 

金大附属高校 山本先生との対談記事

↑  クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 


 

金沢泉丘元校長先生 宮本先生と スタハ塾長辰村との対談記事です

↑   クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

 

石川県総合模試(北國新聞主催)

 

 

 

 

 

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

日本1位の合格実績(AIC)

ニュージーランドの世界的なトップ校

 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事