【 中学と高校の勉強の違い 】

 

中学と高校の勉強の根本的違い。

 

1 難しさ 内容が 全然違う。

   医学部に合格した講師のたとえ話で言うと

   「 中学3年間分の学習量が  高校1年生の1学期分 」

 

2 内容の深さが違うので  中学なら1,2回の問題演習で済んだものが

  高校だと 歯が立たない。

  その勉強法のまま 高校を過ごすと

  あっという間に 平均点を割る。

 

3 中学と違って高校は 時間がない。

   理由1 通学時間が長い人が多い。

   理由2 5教科それぞれで 2人以上の先生の授業があるので

       中間期末テストが 10教科以上になる。要は2倍だ。

   理由3 進学校は とにかく教科書を早く終わらせて受験勉強の時間を確保しようと

       努力する。つまり 学校の授業のスピードが速い。

   理由4 高1の数学は 泉丘 小松 二水などで 10月か11月に終わる。

       そして すぐに高2の内容に入る。量が半端ない。

4  学習量が圧倒的に増えるのに 内容も濃くなるから 

   ほとんどの人は 「薄い演習」しかできず 成績は平均以下になる子が続出。

   中学までの貯金なんてすぐに 吹っ飛ぶ(笑)

 

 

だからこそ 高度な勉強の習慣を 今からつけてほしいのです。

小さいのでいいので

高校の参考書を 本屋で開いてみてほしい。

 

また 大学入試のセンター試験の問題をネットで検索してみてほしい。

 

英語の長文の長さ  圧倒的な問題量に  びっくりすることだろう。

 

とくに 兄や姉がいる人は

この現実がわかるけど

 

自分が長女 長男の第一子の人は

しっかりと 先輩の話を聞いたり

本屋に行って すぐに イメージトレーニングをしてほしい。

 

 

「 先んずればすなわち人を制す」です。

 

スタハ たつむら

 

[blogranking1]




 

 

 

金大附属高校 山本先生との対談記事

↑  クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 


 

金沢泉丘元校長先生 宮本先生と スタハ塾長辰村との対談記事です

↑   クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

 

石川県総合模試(北國新聞主催)

 

 

 

 

 

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

日本1位の合格実績(AIC)

ニュージーランドの世界的なトップ校

 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事