【 2019年度 石川県高校入試 偏差値一覧表 最新版 】

 

2019年版

偏差値一覧表

石川県高校入試

 

石川県総合模試の偏差値一覧表。

 

スタハ たつむら

 

 




がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

金沢市統一テストまで

令和元年11月8日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和2年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和2年3月10日、11日

カウントダウンタイマー

大学入試センター試験まで

令和2年1月18日、19日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

是非フォローお願いします

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




10 件 のコメント “【 2019年度 石川県高校入試 偏差値一覧表 最新版 】”
  1. 高1です より:

    上の表を見た感じだと、
    泉理数≫泉普通≒小松理数≒附属≒星稜A
    となっていますが、私のイメージでは
    泉理数>附属>泉普通>小松理数>星稜A
    といった感じで、かなり開きがありますが、私の認識が古いという事ですか?
    教えてくださると幸いです。

    1. studyhouse より:

      高1ですさま

      おはようございます。

      最近涼しくなりましたね。

      勉強と食欲の秋ですね(笑)

      さて 本題です。

      イメージってありますよね。

      この偏差値表も

      2019 2018 2017と

      載せました。

      毎年 ちょこちょこ変わっているのが

      わかっていただけたと思います

      この偏差値一覧表は

      石川県総合模試を 実質管轄している

      学習塾の団体が作ったものです。

      そして 追跡調査の結果として

      こうなったという位置付けで

      掲載されています。

      おそらくですが

      附属の合格者には 

      推薦合格も当然含まれていますので

      普通の外部試験だけでないデータも混ざっていると

      私は予想しています

      なので 実質 これより 上でないと

      合格できません。

      私の感覚も 「高1です」さんと同じ見解です

      ただ 附属と泉丘普通科は

      私の中で 同じってイメージでやっています。

      実際 スタハでも

      泉丘か 附属 どちらもいい学校なので

      自分で決めてくださいってスタンスです。

      校風なども勘案して 自己決定させています。

      まあ それでも 泉丘受験者が圧倒的に多いですが(笑)

      また 小松の理数と 泉丘普通科ですが

      昔は 圧倒的に 小松の理数が 上だったと思います。

      小松地区の人口減少は 金沢地区より激しいので

      ちょっと下がり始めているって 印象ですね。

      私は 年によって少し前後すると思いますが

      泉丘普通科と 小松理数科は ほぼ同じと思っています

      ただ 今年と 去年ぐらいの統計では

      やはり あなたがいうように

      泉丘普通 > 小松理数科って 感覚があります。

      このまま 小松方面の人口減少が続けば

      これがスタンダードになっていくでしょうね。

      何れにしても 上の表は 結果に基づいて

      石川県の塾団体が作成しているので

      毎年 色々 前後しています。

      興味深いですね。

      よって あなたのイメージに近いものが

      正しいと思っています。

      よく 情報を掴んで頑張ったんだなあと

      感動しています。

      附属内部生の感じは あなたの感覚で

      私自身も個人的にあってると思います。

      泉理数>附属>泉普通>小松理数>星稜A

      下は 附属外部生の感じ

      泉理数>附属=泉普通>小松理数>星稜A

      やはり 附属中学から 附属高校への進学の方が

      ここ最近は難しいので

      内部生は 上の順列

      外部生は 下の通りになると思います

      まあ あくまでも 感覚で

      絶対ではないですが。

      偏差値が重なっている生徒たちは 非常に多いので。

      スタハ たつむら

      高1は 勝負の年です。

      人生において 大きなターニングポイントになるでしょう。

      頑張ってください

      私も もし 高1に戻るのであれば

      毎日 がむしゃらに勉強していたと思います

      医者になりたかったので。

      ただ 今の仲間との生活や 妻との出会いは

      絶対に手放したくないです(笑)

      とても欲張りですね(笑)

      何れにしても 高校生活で 人生は激変します。

      もちろん社会人になっても 

      もっと勉強や仕事はやらないといけないのですが

      人生という限られた年だけ生きる人間としては

      「最初に」レールに乗った方が

      断然有利だなと 心から思います。

      私みたいな 大人になるに従って

      やっと いろいろなことが わかってきた人生ではなく

      若い時に たくさん考えて

      たくさん努力されることを 心から お勧めします。

  2. 受験ウオッチ より:

    いつも参考にさせていただいています。
    この偏差値ですが、率直にあまりにも泉丘(理数)と附属が乖離しすぎていませんか?
    先生のブログにもありましたが、進研模試の高1の高校比較では明らかに附属の方が偏差値高いです。(毎年)。また、附属高校の受験失敗しても泉丘の理数科に受かる子もいますし、普通科に受かる子もそれなりにいます。他の偏差値ネットなどの情報では泉丘の理数科と附属は同位です。私的には泉丘と附属は変わらないと思うのですが、あまりにも乖離したものを載せるのはとても受験生を惑わせると思いますが先生はどう思われますか?
    これは余談ですが、昨年統一テスト後の父兄を対象にした塾の先生の受験対策説明会に参加しました。この偏差値表で説明されていたのですが、あまりにも附属と泉丘の偏差値に差がありすぎるのではないかと知り合いの父兄同士でも話題になりました。そしたらある父兄の方が、塾の先生は泉丘出身の人が多くてバイアスがかかっているって噂だよと言っていたので少し心配です。
    長々とすみません。よろしくお願いします。

    1. studyhouse より:

      受験ウォッチ様

      おはようございます。

      鋭いご指摘ありがとうございます。

      先ほど ちょっと前に

      高1です様からも

      同じようなご指摘いただいたので

      コメント書かさせていただきました。

      受験ウォッチ様と 同じ意見です。

      今度 進研模試のちょっとしたデータも加えて書きますね

      附属と 泉丘の上位陣の分厚さは 

      本当にすごいですね。

      スタハ たつむら

  3. 能登出身者 より:

    こういう表って模試判定Cのラインなんですか?

    附属、星稜Aの差が僅かなのはこの表はボーダーライン示すからかな?と思うのですが
    それなら小松普通は高すぎるので、やっぱ合格者平均ラインなのかと思ったり
    でも合格者平均だったら七尾、羽咋、明峰がこんなに低いわけ無いと思ったり
    いろいろ謎多き表ですね

    1. studyhouse より:

      能登出身者様

      こんにちは

      いつもブログを読んでくださり ありがとうございます。

      さて このラインですが

      C判定ぐらいだと思います。

      ABでは ないですね。

      合格者平均でもないですねえ

      ギリギリラインを 狙っている表だと思います。

      特に 七尾や 小松 羽咋 明峰などの学校は

      合格ラインと 平均の差が おっしゃられるように

      非常に違いますので

      混乱しますよね。

      私自身も 七尾高校は

      金沢市でいうと

      附属 泉丘 二水 桜丘 錦丘 西高校を足した学校だと思っています。

      小松は 

      附属 泉丘 二水 桜丘 錦丘を足した学校って イメージですね。

      スタハ たつむら

  4. 受験ウオッチ より:

    おはようございます。
    早々にお返事ありがとうございました。
    先生のスタンスはよくわかりました。偏差値乖離の根拠やソースがどのにあるのか先生なら知っておられるのかと思い質問させていただきました。
    これからも応援しております。

    1. studyhouse より:

      受験ウオッチさま

      おはようございます

      いつも応援していただきありがとうございます。

      大学入試も 高校入試も 毎年微妙に 

      偏差値が変化しますからねえ。

      定員の変動や

      入試改革

      そして 大きな要素として

      志願倍率。

      また 各地の人口動向もありますね。

      様々なことを考えておられる 受験ウオッチさまと

      知り合えて嬉しいです

      これからも

      ご指摘 お願いします。

      受験ウォッチ様のご質問は

      きっと 皆さんの質問でもあると思うの。

      スタハ たつむら

  5. スタハ保護者 より:

    同感です。
    塾団体には現実的な偏差値表の作成を望みます。
    たつむら先生、どうかよろしくお願いします!

    1. studyhouse より:

      スタハ保護者

      おはようございます。

      現実的な偏差値表 大事ですね

      スタハでは いつもしっかり 指導していますので

      ご安心ください。

      9月からが ロケット第2弾の戦いになります

      8月に仕入れた基礎力を

      9月の応用力で 爆発させるのです。

      今日は まず 第一弾として 附属 泉丘の決起集会をします

      朝9時半から 夜9時半まで(笑)

      各校舎のリーダーたちを 

      まず 確変させ

      各校舎を引っ張ってもらいます。

      さあ 勝負の半年が始まります。

      スタハ たつむら

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事