【 3年後の大学入試  国立の推薦が急増! 帝大でも3割推薦に! 】

imagesIM3NNC02

 

とういことは?

 

そうなんです。

 

「 学校の授業をしっかりして 与えられた問題集を 3回転すると

国立の帝大 推薦合格も夢ではない。」

 

ということです。

 

私たちスタハは 高校の問題集を 徹底的に反復します。

 

前 東大に 現役合格した泉丘生は

徹底的にアウトプットにこだわった人でした。

学校の授業を大切にして

塾で徹底的に問題集を繰り返していました。

学校の普通の問題集を繰り返して

東大に合格していきました。

 

彼が基礎に徹していたことは 塾生の誰もが知っていました。

そして合格していったので 本当に基礎的な問題集の繰り返しで東大行けるんだあと

心から思ったし 基礎の大切さを 痛切に感じる事件でした(笑)

 

 

「 基礎の積み重ねが東大に合格する原動力です。」

 

 

アウトプットを増やすと

推薦合格しやすくなりやすし

大学受験も合格しやすくなります。

 

金沢泉丘の先生方は 塾に行くことを嫌っていますが(笑)

つまり 塾にいって また 授業を受ける必要はないと言っているのです。

 

私たちは 学校の授業を尊重したうえで

問題演習をします。

なので

私たちは 泉丘の味方です(笑)

インプットではなく アウトプットに徹しているからです(笑)

 

徹底的に 学校の問題集を 復習して

アウトプットを重視します。

そして 学校の授業を助けます(^^♪

 

インプットは学校の授業に任せて

塾では 徹底的に問題集を繰り返します。

つまり 「 アウトプット重視」です。

 

高校入試もアウトプット重視でした。

そして 泉丘 29人合格。

これは すべて 大学入試への布石。

大学入試の予行練習でした。

 

時間のない高校生たち。

私たちは 高校生たちを助けます。

つまり アウトプット重視。

 

 

 

そして 学校の定期テストもしっかり取って

国立大学の推薦合格

国立大学の現役合格を目指します。

 

それこそ 一石二鳥ではないでしょうか?

 

 

スタハ たつむら

 

PS 高校は どれだけアウトプットするかですよ(^^♪

インプットを最小限に抑えないと

問題集は こなせません。

2,3回転は 夢のまた夢となってしまいます。

 

[blogranking1]




 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和3年1月16日、17日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和3年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和3年2月1日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和3年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




2 件 のコメント “【 3年後の大学入試  国立の推薦が急増! 帝大でも3割推薦に! 】”
  1. 泉新一年haha より:

    貴重な情報をありがとうございます!!
    娘は辰村先生のブログを読んで先取り学習必死に頑張ってます!
    泉の課題は既に終了、課題が出る前から青チャートに取り組んでます!
    先生がしつこいくらい(笑)先取り先取りとおっしゃって下さったおかげです。

    1. studyhouse より:

      娘さん すごい純粋ですね。本当に素晴らしいし 頭なでなでしてあげたいぐらいです(笑) 今年の泉丘の惨状を見るにつけ 石川全体のためを思い 嫌われ者になってもいいと思って書いています。一人でも 2人でも 私のつたないブログを通して 4月から新幹線に乗ってほしいと思っています。とってもとっても うれしいです。クラスのリーダーとして どんどん 前のめりに生き抜いてください。そしたら 第二第3のついてくる純粋な子どもたちが出てきます。相手は 全国です。

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事