【 2018年の 石川県公立高校の入試 300点以上が】

 

2018年の石川県公立高校の入試。

 

平均点が上がり

300点以上の割合が増えた。

 

 

その割には

上位校の合格ラインは 

ほぼ変わらなかった。

 

 

300点以上で

石川県内に 42パーセント以上いるようだ。

 

これは 「合格者の点数の中での割合」なので

実質は もっと 多いと推察できる。

 

 

なぜそう言えるのか?

 

それは 近年の石川県の倍率状況からそう言える。

 

倍率1倍を超えるのは 偏差値上位校に多い。

 

なので 惜敗する人も上位校の受験者ばかり。

 

石川県は「合格者の点数散らばりのみ」を公表するので

実際は もっと 300点以上が多いと言える。

 

そんな中で

小松高校の合格最低点が 300点を切っている。

200点台で 何名か合格していることを考えると

小松高校のレベルが 相当 母集団的に

真ん中に近づいていることを意味している。

 

本当に頑張ってほしい。

 

来年は 小松明峰の上位陣が

小松に乗り換えて受験することが

容易に想像できる。

 

小松高校の合格ラインが

以前と同じように

二水高校と同じになることを

希望しています。

 

 

今回は 二水 桜丘 錦丘よりも

合格ラインが

下になってしまった。

 

 

スタハ  辰村

PS  3年後の大学入試が心配だ。

 

 




 

 

↑ スタハの子どもたちの声を拡大できます クリック

 

 

 

ここをクリックすると拡大して綺麗に見れます

↑    クリック  

 

 

 

第4回石川県総合模試(中3)(北國新聞主催)

10月17日(日)実施

石川県2位 455点 偏差値73

石川県3位 444点 偏差値72

石川県3位 444点 偏差値72

 

石川県1位はいなかったが

2位3位独占

石川県上位100番以内

14人がスタハ生

 

 

 

 

 

金大附属高校 山本先生との対談記事

↑  クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 


 

↑ 金沢泉丘元校長 宮本先生との対談の内容記事 ここをクリックすると見やすくなります

↑  クリック

 

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

石川県総合模試(北國新聞主催)

 

 

 

 

 

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

 

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事