【 金沢泉丘高校 がんばれ! 上を向いていこう! 】

imagesGL843N2A

金沢泉丘高校が 泣いている。。。

先生方も 表情が暗くなっているそうだ。。。

今 通っている高1高2や

大学受験生たちが

憂いている。。。

 

大学入試の結果が芳しくないからだ。

 

金沢泉丘は

現役で東大 4人

現役で 京大 6人受かっている。

 

はたから見たら いいねえという感じ。

 

 

ただ 受けた子どもたちの数が 非常に多い。

たくさんの人たちが落ちている。

あまりにも多すぎて

書いていいのか迷っているくらいだ。

 

公式に 高校は 合格率を出さない。

だから 合格人数だけを出すのは

いいとこどりみたいなものだ。。

だから 世間一般にはわからない。

 

だが 子どもたちと 先生方はわかっている。

このままでは やばいと。。。

 

スタハも

泉丘 金大附属は それぞれ

1人の不合格者だけど

二水は 7人も落としてしまった。

悔しい。

本当にすまないと思っている。

私のせいです。

こんなことは初めてだ。

来年に絶対つなげる。

ド正直に生き抜きたいと思っているので

ちゃんと 合格実績のところに

しっかりと 「 負 」の材料も載せている。

私は逃げない。

 

 

話は戻って 泉丘。

この学年は あまり出来が良くないと 前から言われていた。

だが 彼らも 一生懸命頑張っていた。

最後は さらに 頑張っていた。

寝るまを惜しんで頑張っていた。

 

でも 結果がついてこなかった。

 

高校で 逆転させることは 非常に難しい。

前も言ったけど

最初の成績で ある程度

ほとんど決まってしまうからだ。

 

量が多いから

量が半端ないから

あとで 逆転できない。

 

マラソンで

あるランナーは 23キロ地点。

ほかのランナーは 7キロ地点。

 

さあ 残りで逆転できるか?

といったら やはり ほぼ無理だろう。

それほど 先行している利点は大きい。

 

それに比べたら 高校入試は 5キロマラソンみたいなものだから

相手が 3キロ地点を走ってようと

2キロ地点を走っていようと

 

自分が 入試の日までに 5キロ走ればいいだけだから 結局追いつける。

 

しかし 高校は違う。

 

途中で いくら 学校の先生が

はっぱをかけても

その流れを変えるのは ほぼ不可能に近い。

 

 

新高1諸君。

 

最初だよ。

 

スタハ たつむら

 

PS 泉丘は 来年 さらに一致団結してやってくれると信じている!

スタハも来年 金大附属 泉丘合計で 77人合格させたい!!

そして スタハ初の東大 帝大を出したい!!

宣言をして 結果から逆算するのは 勇気のいることだけど

やるしかない(^^♪

 

やってやれないことはない!

やらずにできるわけがない!

 

[blogranking1]




 

金沢泉丘元校長先生 宮本先生と スタハ塾長辰村との対談記事です

↑   クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

 

石川県総合模試(北國新聞主催)

 

 

 

 

 

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

日本1位の合格実績(AIC)

ニュージーランドの世界的なトップ校

 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事