【 重要 改訂版 】【 石川県指定校推薦枠 「早稲田大学」 4年分 考察 附属 泉丘 二水 小松 桜丘 錦丘 七尾 星稜 金沢など 】

 

 

早稲田大学

 

先日の慶應義塾大学と同じように

考察してみよう

 

 

早稲田大学

「指定校推薦」と 「AO入試」を合わせた数

 

2016年 

金大附属 4人(文化構想1 商1 基幹理工1 政経1)

泉丘   2人(商1 文1)

桜丘   2人(文 人間科学1)

大聖寺  1人(文化構想1)

羽咋   1人(社会科学1)

向陽   1人(スポーツ科学1)

能登   1人(スポーツ科学1)

金沢   1人(スポーツ科学1)

合計 13人

 

2017年

泉丘 2人(文1 基幹理工1)

桜丘 2人(人間科学1 文1)

北陸学院 2人(スポーツ科学 社会科学1)

星稜 2人(基幹理工1 政経1)

小松 1人(政経1)

金沢学院 1人(社会科学1)

大聖寺 1人(文化構想1)

合計 11人

なぜか 金大附属 0人 謎。

 

2018年

泉丘 3人(文1 文化構想1 先進理工1) 

小松 1人(政経1)

桜丘 1人(人間科学1)

星稜 1人(政経1)

小松大谷1人(教育1)

遊学館 1人(スポーツ科学1)

ここも附属0人

合計 8人

 

2019年

金大附属 6人(政経1 法1 文1 教育1 先進理工1 基幹理工1)

泉丘 6人(文化構想1 教育1 商1 法1 文1 先進理工1)

二水 2人(教育1 商1)

星稜 2人(政経1 基幹理工1)

金沢市立工 1人(社会科学1)

津幡    1人(社会科学1)

金沢学院  1人(社会科学1)

合計 19人 

一気に増えた。

 

 

 

4年分から考察。

AO入試を除いた指定校推薦を

推測しよう。

 

 

慶應義塾大学と違い

泉丘が コンスタントに

2人か 6人をゲットしている。

文学部が首尾一貫してある。

 

附属は 2017年 18年も 0人だった。

他は 4人や6人なので

大方の見方通り

ずっと 複数の指定校推薦枠を持っているのだろう。

指定校推薦を大学側からもらっているのに

いく人がいなかったのだろうか?

謎ですね。

そして 2019年に一気に

6人になっているので

指定校推薦を利用してなかっただけというのが

普通の考えだろう。

 

桜丘は 2年連続 2名いたけど

2018 2019は なくなっている。

残念。

 

星稜は 2017年から 政経と基幹理工に合格している。

2人合格しているので

2017年から指定校枠をもらっているのか

2018年は基幹理工が抜けているが

2019年には戻っている

2020年からも 2名継続してほしいところ。

 

二水は

2016 17 18と0人だったが

19年に 2人になっている。

嬉しい限りだ。

 

小松は 17.18と 政経に出しているが

2019 年は なくなっている。

2020年に復帰しててほしい。

 

 

確か 早稲田大学は 1学年10000人

慶應大学は 1学年6000人

 

だいたい早稲田は 慶應の2倍。

 

慶應義塾大学の指定校の少ないのに対して

人数の比例以上に早稲田は多い印象ですね。

 

 

 

 

スタハ 辰村

 

PS   早慶の指定校枠を持っているかどうかも

高校入試の判断材料になるだろう。

 

高校選択の一助として欲しい。

 

 

 

金大附属高校は 早慶の枠をあまり使わないという

噂もあるけど

最近の傾向としては 使う人が多くなっていると

私自身感じている。

 

 

ただ 学年の人数の比率から換算すると

泉丘より 断然 金大附属の方が

枠をゲットする確率は高いような気がしている。

また 附属は 学年の人数が

泉丘(400人)と違い 120人と

3分の1以下しかいない。

 

しかも 医学部志望が多いことで知られています。

つまり 医学部志望の人は 「指定校推薦枠」を

使わない。

 

 圧倒的に泉丘より

附属の方が 早慶に関してだけの話ですが

推薦に関して 非常に有利だと思っている。

指定校推薦の本格的な結果は

今月にわかる。

大学のホームページより。

 

また 附属高校は

石川県の教育委員会から

独立しているというか

国立なので

「公立高校」との競争が

いい意味でない。

 

なので 「難関10大学」を

何がなんでも目指さなければならない風土はないので

そういう意味では

早慶に関して 附属の方がいいかもしれない。

 

 

何れにしても

「指定校推薦」という制度がある学校は

学校の先生に聞いて

しっかりと対策と選ばれる方法を

模索してほしい。

校内推薦さえ通れば

ほぼ100%合格する入試なのですから。

 

 

情報は宝です。

 

 




がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

第二回金沢市統一テストまで

令和2年1月8日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和2年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和2年3月10日、11日

カウントダウンタイマー

大学入試センター試験まで

令和2年1月18日、19日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

是非フォローお願いします

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




3 件 のコメント “【 重要 改訂版 】【 石川県指定校推薦枠 「早稲田大学」 4年分 考察 附属 泉丘 二水 小松 桜丘 錦丘 七尾 星稜 金沢など 】”
  1. 附属卒業生の親 より:

    今春卒業のうちの子に聞いたら毎年早慶の枠は余るそうです
    附属は文系志望は少ないのでそのせいもあるかもしれません
    今の時期だと3年生は指定校枠一覧を持っているのではないでしょうか

    1. studyhouse より:

      附属卒業生の親様

      こんにちは

      素敵な情報ありがとうございます。

      スタハ 辰村

  2. 通りすがり より:

    個人的には早慶は確かに良いと思いますが、それは首都圏在住の附属あがりが強いらしいです

    地方からは下宿代などかかるし、たとえ上場企業から内定もらえても転勤ばかりで嫌になり地方公務員を選ぶ方が増えてるらしいです

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事