【 素敵な出会いが続く 】

CYqUAJ_UkAACqeJ

 

素敵な出会いが続く。

毎日面談。

 

この間の出会いは

心打たれた。

 

今年 泉丘1年生に

なる親子に会った。

おめでとうございます。

 

そしたら

「青チャート」

「青チャートの補足の問題集。」

「シス単 」を買っていた。。。。

 

涙が出るくらいうれしかった。

上記の問題集は

私がブログで少し触れた問題集 参考書だ。

 

それを

すぐに

「 素直に 」

「 純粋に 」

買っておられた。

 

本当に感動した。

 

 

この素直な心で

これまで

勉強してきたのだろう。

 

このあくなき向上心で

学習してきたのだろう。

 

中学までは何とかなったけど

高校は塾を考えておられたようだ。

 

私も 高校こそ 塾にいって

能率的な学習をしてほしいと思っている。

 

高度な学習習慣があれば

中学は来なくていいと思っているくらいだ(笑)

その習慣を作るのが小学校中学校の役割だ。

 

ただ 中学で学習習慣のない人は

高校で絶対についていけない。

塾の環境の力をかりたほうが

手っ取り早いと思う(笑)

才能ではなく最後は習慣だ(^^♪

 

要は 先天的なものではなく

後天的な要素が大きい。

 

 

それよりも 高校だ。

2年9か月後のセンター試験で

結果を残せない高校生はたくさんいる。

 

そうです。

「 間に合わない 」のです。

中学と同じように勘違いして

スタートが遅すぎるのです。

 

 

小さい小さい高校入試という成功体験が

大学入試でも通じると勘違いしているのです。

 

 

泉丘の先生は

毎年

仮入学の時に

「 塾に行くのは慎重に考えてほしい。」(笑)

と言います(笑)

毎年の事なので

もう 慣れたのですが(笑)

 

 

泉丘の先生方の真意は

「 学校の授業をしっかり受講して

しっかりと学校の大量の課題をやりきってください。」

「その課題さえこなせば 東大 帝大いけます。」

「 アウトプットの時間を確保して 問題演習をしてほしい。」

「 学校でしっかりとした授業をしているので 塾でまた授業を受ける必要がない。」

「 学校でインプットした知識を 家でアウトプットしまくってほしい。」

と言っているのです。

 

私も同感です。

全くその通りです。

時間は限られています。

 

 

だからこそ スタハは

「 学校中心で 自塾の参考書 問題集は買いません。」

「 なので 高校の教材費はタダです(笑)。」

「 時間を作って 学校の課題を 2回転3回転とやっていきます。」

「 ひたすら 学校の問題集を繰り返します。」

「 わからないところだけを徹底的に教え 反復学習に備えます。」

 

 

それでも 附属で学年1位 泉丘でクラス1位を取れるのです。

東大を狙える位置に 存在できるのです。

 

 

前の職場の時も そんな子が

東大に合格していきました。

基礎を大切にし

基礎を反復している子どもです。

 

 

また 東大の知り合いもそんな勉強をしていました。

 

回り道をしている暇はない。

時間がないから。。。

本当にないから。。。。

 

東京は とっくに高1終わってるから。。。

 

ストレートに

単刀直入に

前だけを向いて

ひたすら

学校からもらった

大量の問題を

繰り返すのみ。

 

わたしたちは 努力する家庭を応援します。

 

やってやれないことはない。

やらずにできるわけがない。

 

スタハ たつむら

 

[blogranking1]




 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和3年1月16日、17日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和3年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和3年2月1日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和3年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事