【 筑駒すごいな 】

 

筑駒すごいな。

心から行きたい。

そこで最高の仲間たちと過ごしたい。

 

どんな人生になっていただろう?(笑)

ワクワクする(笑)

 

冨田さんの経歴を見ていたら

筑駒のエピソードが出ていたので

抜粋して。

 

企業再生請負人の異名を持つ、経営コンサルタントの冨山和彦のコメントから(*^。^*)

 

筑駒は東大進学率が高いのです。

授業では受験対策を一切やりません(笑)

だいたい、どの先生も、学習指導要領を全然守らない(笑)

教科書は一応、机の上に置いてあるのですが、一度も教科書を開かずに学期が終わるという授業もありました(笑)

例えば、日本史の授業は、担当の先生が「大津事件」の研究者で、毎回授業で話すことといえば、大津事件のことばかり。そのまま1学期が終了しました(笑)   

 生徒も、途中から学校に来なくなる人もいます。

先生もいちいち出欠をとらないので、問題は起きません。

授業に出ている生徒も、前列に座っている人は真面目に聞いていますが、

だいたい7~8割の生徒は内職していました。

難しい数学の問題を解いている生徒もいれば、将棋の棋譜を研究している生徒もいる。

音楽の話をしている生徒もいれば、勝手に弁当を食べている生徒もいる。

ほとんど、学級崩壊です。

 それでも3分の2が東大に入れる(笑)

みんな力の入れどころを分かっているからでしょう。

 

高校3年になると、運動部も引退して暇になるので、受験勉強しかやることがなくなります。

11月の文化祭を過ぎれば、いよいよ受験モードに突入。

それまで何年間も先輩たちの姿を見続けているので、どこで集中力を発揮すればいいのか、みんな肌で知っている。

 

競馬に例えれば、第4コーナーを回り、いつ馬群の中から抜け出すか間合いをはかっているという感じです。
 

法学部を選んだのは、理系だと自分の才能では最高レベルで勝負できないとわかっていたから。

あとは、正直、深く考えず、偏差値順で選びました。

 

 

 

 

以下 たつむら

 

最高レベルで勝負したい。

素敵だな。

先輩方を見ていて力の入れ具合がわかっているってのも素敵。

こういう先輩後輩のつながりってどこにでもあるけど

高度なところの絆っていいなあ。

 

また さまざまな才能を伸ばしている姿もすごい。

 

まあ 筑駒のほとんどは 鉄緑会という塾に行くので

勉強という点であまり 学校を当てにしてない(笑)

そんなことも垣間見れる(笑)

 

じゃあ なぜ筑駒に行くのか?

 

 

「 同級生の化学反応 」のためだろう。

 

つまり

 

「 環境だ。」

 

 

スタハ たつむら

 

PS まじで 行きたい。

 

ただ 今でも そういう環境を努力して努力して作ることもできると思うし

そういう素敵な人に 気に入られるためにも

自分自身の人間力を上げることも大事。

 

46のおっさんだけど 頑張ります(笑)

 

[blogranking1]

 




スタハ広告  ここをクリックして下さい 綺麗に拡大できます笑

↑   クリックです笑 

 

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

 

 

石川県総合模試(中3) 

石川県トップレベルのスタハ

約5000人が受験

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

日本1位の合格実績(AIC)

ニュージーランドの世界的なトップ校

 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事