【 私立高校の無償化についての考察(どこまでが対象か?)】

 

私立高校の無償化についての考察

 

まずは 文科省の資料を

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/__icsFiles/afieldfile/2019/06/24/1418201_1_2.pdf

↑クリック

 

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/__icsFiles/afieldfile/2019/08/23/1418201_2_1.pdf

↑ クリック

 

年収590万 年収910万円という数字が出てくる。

 

年収910万円までは 公立も無償化

私立は年収が590万円から910万円(目安)が 11万8800円支給

 

目安と書かせていただいたのは

家族構成などで変わるからです。

(文科省の上記のサイトでは モデル家族として子ども2人が採用されていますね)

 

 

スタハ たつむら

 

PS   さらに調べますね




がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

金沢市統一テストまで

令和元年11月8日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和2年3月10日、11日

カウントダウンタイマー

大学入試センター試験まで

令和2年1月18日、19日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

是非フォローお願いします

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




2 件 のコメント “【 私立高校の無償化についての考察(どこまでが対象か?)】”
  1. 高専生の親 より:

    こんにちは。
    久々の投稿です。
    高校就学支援金制度は、厳密には、その家庭の『市町村民税所得割額と道府県民税所得割額の合計が50万7000円未満』で、その目安が年収910万円くらいということですね。
    なので、年収が910万円を超えても申請出来ない訳ではないので、もらい忘れがないように注意が必要です。
    国はわかりやすいように言っていますが、正しい情報で案内すべきだと思いますね。

    あ、、、来年の公立高校の定員が発表されました。御三家は減らず定員割れの学校を中心に減るという辰村先生の予想通りでしたね。さすがです。

    話は変わりますが、いよいよ日本でも5Gが始まります。金沢でも金沢駅鼓門横にある交通案内所の上に5G用と思われるアンテナが設置されていました。ただ、iPhone11は5G対応していないので、本格的な普及は1年後(東京オリンピック)かな。

    1. studyhouse より:

      高専生の親様

      こんにちはー

      お久しぶりですー

      お元気でしたか?(笑)
      いつもたくさんの情報ありがとうございます

      就学支援制度の情報もありがとうございます。

      何でもご存知ですね。

      さすがですよ(笑)

      来年度の定員発表なんですね。

      今から 新聞読みます(笑)

      塾人として朝読まなかったことが恥ずかしいです。。はい。。

      5Gも いよいよって感じなんですねー

      時代の進むのは速いですねー

      まだまだ 残暑が厳しいですねえ

      お体 ご自愛くださいませ。

      スタハ たつむら

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事