【 私の好きな話に 「ノミの話」があります 】

 

ノミの話 聞いたことありますか?

 

私は 最初この話を聞いた時 衝撃を受けました。

 

こんな話です。

 

ノミは たくさん 跳ねることができるそうです。

何メートルも飛べるそうです。

あの小さい体で凄いですよね。

 

 

実験で 透明のケースに入れます。

そしたら ノミは 跳びます。

 

そしたら 透明ケースの天井にぶつかります。

そして 何回も何回もぶつかります。

そして ある学習をするのです。

そうです

「そこまでしか」跳ばない学習です。

 

透明ケースを外しても

ノミちゃんは 「そこまでしか」ずっと跳びません。

 

 

私たちも いつしか

このノミと同じように挑戦をやめてしまった時も

あるかもしれません。

そして それが習慣化し 

小さい殻に閉じこもり

小さく生きるという選択肢を取った時もあるかもしれません。

 

 

 

 

 

この話には 続きがあるのです。

 

ノミちゃんを 元の跳び方に戻すにはどうしたらいいのでしょうか?

彼は そこまでしか跳ばないのです。

跳べる力があるのに跳ばないのです。

 

元に戻してあげたい。

 

 

方法は?

 

 

 

 

 

 

「仲間」を連れてくるんです。

 

仲間を連れてきて

一緒に跳ぶんです!

 

 

そしたら

仲間がたくさん 高く跳ねているのを

ノミちゃんは見ます。

そして

自分も高く跳ぼうと思うのでしょう。

 

彼も自分を取り戻し

高く跳ねるのです。

 

 

 

人間も同じではないでしょうか?

 

 

 

模範的な役割モデルを近くに置いたり

「世界には こういった人がいるよ」と

話してあげることにより

子どもたちは どんどん向上心を持って

変わっていくのではないでしょうか?

 

 

スタハには そんな渦が

そこら中にあります。

 

 

中学生を取ってみれば

憧れの附属 泉丘 二水生たちが

近くを歩いているし

近くで勉強しているのです。

 

高校生はどうでしょうか?

憧れの金大医学部の先生や

東大に現役合格した先生たち

そして 人生経験豊富なスタハのスタッフに囲まれて

どんどん 憧れが普通になり

その高い生きる基準 考え方が 自然と身についていく。

 

そして 覚醒する。

 

 

仲間のみんなも真面目な子たちばかりで

本当に向上心を持って勉強している。

横のつながりのレベルも高い。

 

 

先輩たちから引き継がれた

崇高な精神が伝統として

繋がっていく。

 

 

そんな空間が

スタディハウスなんです。

 

 

そして 自分で選択し自分でやり抜く。

自分の人生を自分で切り開く。

 

そんな仲間との友情や精神は

一生 子どもたちの財産になることでしょう。

 

 

スタハ たつむら

 

PS    海外にも目を大きく向けています。

  私たちは みんなで走り続けます。

 

  私たちの心が無限大に広いように

  物理的な世界も とっても広く魅力的なものです。

 

 

 




 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和3年1月16日、17日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和3年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和3年2月1日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和3年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事