【 早慶に対する私の想い コメントくださった方への返答 】

 

 

早慶と旧帝大 または 難関10大学について

 

私は 難関10大学や旧帝大についてたくさん書いてきました。

本当に 今も推していますし これからもそのスタンスは 変わりません。

 

早慶のことですか?(笑)

書かなかっただけです(笑)

 

いつも早慶はすごいと 「小学校の時から」思っていました。

先ほど書いた 私が勝手に思っている

就職に強いランキングのその順位は 

小学校の時と変わりません。

むしろ 旧帝大の方を後で知ったぐらいです。

 

うちの父は 世間一般で言う 

文系の保険系の一流企業の社員でした。

当時の私は 全くそんなことも知らず

新入社員名簿を 小さい時からずっと見ていました(笑)

毎年毎年です(笑)

小学校からです(笑)

ませた小学生ですね(笑)

 

そこには 東大 京大 一橋 そして 早慶で ほとんど占められていました

次に多いのが パラパラって感じですが

旧帝大 難関10大学と 上智でしょうか。

以上で 95%ぐらいです。

そしてたまに 明治などの他の学校がありました。

 

父曰く 「明治は 勉強ではなく ラグビーなどで頑張っている人をとっているんだよ。」

と言っていました。

新入社員は「全て顔つき」で全員紹介されていました。

子どもながらに 確かに この人だけ 顔つきが違うと思ったのを覚えています。

総合職は以上です。

 

一般職は 短大が多かったのを覚えています。

今は きっと違って 4年大が多いと思います。

調べていませんが。

 

今は 地域職とか色々区分があるので

もっと複雑化していると思います。

 

なので 早慶推しなのは 昔からです。

石川県の人が 難関10大学を目指している人がほとんどなので

難関10大学を中心に書いてきました。

 

早慶を 推してなかったわけでは全くありません。

 

その証拠に 今年も 早慶に スタハはたくさん受験します。

言葉足らずで 真意が伝わらなくてすいませんでした。

上手く伝わるように努力しますね。

 

いつもありがとうございます。

 

スタハ 辰村

 




がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

第二回金沢市統一テストまで

令和2年1月8日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和2年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和2年3月10日、11日

カウントダウンタイマー

大学入試センター試験まで

令和2年1月18日、19日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

是非フォローお願いします

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




4 件 のコメント “【 早慶に対する私の想い コメントくださった方への返答 】”
  1. 通りすがり より:

    「今年も 早慶に スタハはたくさん受験します」とのことですが、その生徒さんたちは国立も受けるのですか?
    早稲田はセンター利用とか?

    それとも早慶第一志望でしょうか。
    正直、国立を受けないと言うと高校がいい顔せず、なかなか勉強する科目を絞れません。
    いつ志望大学を決め、対策をはじめたのですか?

    1. studyhouse より:

      通りすがり様

      おはようございます。

      早慶 全て専願ですね。

      第一志望です。

      早慶レベルは 私の勝手なランキングで

      一応 一橋 東工大と同じレベルに書きましたが

      併願ですと まず ほぼ 合格はないです。

      東大 京大の人で まあまあ合格するかもって感じでしょうか。

      やはり 早慶は激しく難しいです。

      学校の先生方 そして 方針も わからなくもないです。

      教育委員会の方針というか 「評価基準」が 「難関10大学」の合格人数

      そして 「国公立大学」の合格人数だからです。

      現場の先生方も サンドイッチで大変だと思います。

      東京方面は 主要企業の本社が多いので

      当然 その会社の社員も多いわけです。

      なので 早慶や 明青立法中などの私立の就職の強さが

      みんなわかっているわけです。

      なので 地方の国公立大学を 受験する人は ほとんどおらず

      地元ということもあり みんな 東京の人は 東京を受験するのです。

      早慶を決めた時期は 

      2年が半分

      3年が半分でしょうか。

      私立大学のトップの方は なかなか合格は難しいので。

      しっかり対策しないと 

      早めに絞らないと 無理でしょう。

      わかりやすい例で言うと 阪大ぐらいでは 早慶はほぼ無理。

      関関同立で 何とか合格というイメージです。

      実際阪大受験の子で 立命館落ちた子も スタハにはいます

      阪大には 合格しましたが。

      国立と私立ではご存知の通り受験科目が違うので

      一概には言えません。

      ただ 一つ言えることは

      私立は 本当に難しくなっています。

      私たちスタハは 

      とにかく子供に寄り添い

      子どもがしたいこと

      行きたい大学に行ってほしいと思っています。

      こんな感じで大丈夫でしょうか?

      スタハ 辰村

      PS 石川県のある公立高校は 私立専願の人にも

      高3において 夏休みの補習において

      5教科させている学校もあるぐらいです。

      全員 5教科ですよ。

      もう ここまでくると呆れてものが言えません。

      なので 自分のお子様をしっかり守るという点で

      強い意志を持って のぞむことが肝要だと思っています。

      私立の公募推薦 指定校推薦 AO推薦 一般試験(ABCなど 複数) センター利用

      色々あります 

      全てのチャンスを捉えて 回数を増やし

      子供が合格する可能性を上げることが大事です。

      私は そう思っています。

      昔 大手の塾にいたときに

      学校の先生は 「推薦出さない」と言われた子がいました。

      「公募推薦」なので 誰が受けても良いはずなのですが。。。

      その子にとって その私立大学が 「第一志望」であり

      その学校に行きたがっていました。

      私は 言いました。

      私 「結局 一般試験で そこを受験するんなら 推薦も受けるべきだ」

      「大学受験は そんな甘いもんじゃない。」

      「 機会が増えるなら 例え数%であっても 受験すべきだ。」

      「もう一度 学校の先生のところに行って 公募推薦を受験したいことを しっかり伝えてきなさい。」

      「これは あなたの人生なんです。勇気を持って行っておいで。」

      「俺がついてる。」

      そして 彼女は 勇気を持って もう一回 学校の先生にお願いに行きました。

      学校の先生は 彼女の本気を見て 公募推薦の機会を与えて下さいました。

      変な顔されたとか言っていました(笑)

      そして 彼女は 見事 推薦で合格。

      普通の実力でいったら ほぼ「厳しい偏差値」だったので

      本人と 心から喜んだのを覚えています。

      嬉しかったなあ。。。。。

      まだ 続きがあるんです(笑)

      そして 数年経った頃

      私は 居酒屋さんで 卒業生たちと 飲んでいました(笑)

      これがまた楽しい笑

      可愛い子どもたちの大学生活とか 

      悩み事とか

      彼氏彼女のこととか

      夢とか なんでもいつも話す。

      そして まあ 奢らされる(笑)

      そして そのとき

      他の団体さんのお客さんが帰ろうとしていたんですが

      その中の一人が

      「せんせーーーーーーーーー」

      って(笑)

      え?

      私 「 ああああああーーーーーー笑 」

      「久しぶりーーーーーーーーーー」

      その推薦で 自分の行きたいところに行った 女生徒が声をかけてくれたんです。

      女生徒 「先生のおかげで 本当に 今 楽しいです。」

      「先生が あのとき 私に 勇気をくれました。」

      「私たちは 正しいことをしている。やりたいこと 行きたい大学の合格する確率を増やすために

      やっている。」

      「あの言葉は 本当に私に 勇気をくれたし 今 こんなに幸せなんですよ。ありがとうございます。」

      本当に嬉しかったです。

      長文になり すいません

      こんなことが ありました。

      これだけでなく 本当に 色々ありますよ(笑)

      学校の先生方の考えもわからないでもないです。

      子どもの夢を一緒に追いかけたい。

      ただ 私は 生徒の味方であり続けたい

      それだけです。

      教育委員会の統一見解?

      そんな大人の見解が

      子どもの幸せに「全て」関係するのでしょうか?

      人は みんな違うんです。

  2. 通りすがり より:

    専願でなきゃ無理ですよね。
    しかし地方の国公立ありきという価値観の強さにはホント驚かされます(高校受験もそうですが)。

    それでも、私立高校は推薦やAOのサポートを熱心にしてくれました。作文や面接の練習をしてくました。
    スポーツの実績を生かして進学するケースも多いので。
    それでも、最後の最後まで「レベルどこでもいいから国公立も受けて」と言われましたが。

    公立高校はまったくで。。。
    国立のAOについて先生に話してみましたが、スルー状態。
    まあこちらも本気度が足りなかったので、普通に受験することにしましたが。
    しかし、お友達に早稲田志望のの子がいるとのこと。あの学校内でたくましいなあと思います。

    塾は私大専願を応援してくれるのですね。お客様ですし。
    しかし、こちらのブログを拝見しているだけではまったくその雰囲気が感じられず。。。
    我が家は、全国チェーンでリアルに首都圏の私大生から情報を得られるところを利用しました。
    国立志望の子は、マイペースなので塾に頼らず状態ですが。。。
    まあ逆に、高校の先生方はそういう子をすごく応援してくれます。

    1. studyhouse より:

      通りすがり様

      おはようございます。

      朝早いですね笑

      びっくりです。

      色々 情報集めながら

      ご苦労されたのですね。。。。

      お察しします

      頑張られましたねー

      さすがですよ。

      この親の思いが

      この熱い感情が

      子どもの頑張りの原動力でもあると思いますよ。

      私も素晴らしいコメント見れて

      朝からテンション上がりました

      ありがとうございます。

      スタハ 辰村

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事