【 愛光高校 中国・四国地方の雄 (数学はいつ終わるの?編)】

 

愛光高校。

 

中国四国地方屈指の進学校。

スタハのスタッフに最近加わった講師が

そこの出身なので 

数学の進路を聞いてみた

 

 

数IIIまで 高2の冬休みまでに終わるそうだ。

 

ちなみに 泉丘 附属は 高3の夏前。

 

 

期間にして 約8ヶ月ほど違う。

 

この差は でかい。

 

主力教科の数学が 先に終わると

理系なら 理科を

文系なら 社会 古典を 推し進めることができる。

 

スタハ たつむら

 

PS 愛光高校の進学実績

 

国公立難関校・私立大学合格状況

本校生徒の進学先は全国各地の大学に分散する傾向にあります。
この表には国公立大学のなかでも難関校といわれている大学の合格実績を記しました。(現役・既卒の合計で( )内は現役生の数です)国公立難関校

  2017 2016 2015 2014
東京大学 23(16) 17 16 20
京都大学 9(6) 8 9 5
一橋大学 5(4) 5 5 4
北海道大学 3(2) 12 4 2
東北大学 4(2) 1 2 1
名古屋大学 2(1) 2 7 4
大阪大学 13(11) 12 7 7
九州大学 5(0) 7 7 5
横浜国立大学 2(2) 2 3 3
神戸大学 3(3) 5 7 2
岡山大学 5(3) 5 10 7
広島大学 6(2) 9 9 4
愛媛大学 23(18) 16 26 21
その他 67(30) 57 46 45
合計 170(102) 158 158 130

私立大学

  2017 2016 2015 2014
慶応義塾大学 18(9) 12 32 24
早稲田大学 30(20) 25 34 36
東京理科大学 24(9) 21 23 13
中央大学 25(11) 18 27 23
上智大学 2(2) 6 5 10
青山学院大学 3(1) 5 1 6
同志社大学 28(14) 23 20 18
立命館大学 26(12) 30 33 21
関西学院大学 7(4) 5 11 7
その他 178(58) 121 187 113
私立大学合計 341(140) 266 373 271

国公立医学部の合格状況

もう一つの特徴は、医学部医学科への進学希望者の多さです。
学年によっても異なりますが、およそ生徒の3分の1が医学部をめざしています。
国公立医学部は近年人気が上昇しているため、難易度はあがっていますが、本校からは毎年、 多数の生徒が国公立医学部に合格しています。
(現役・既卒の合計で( )内は現役生の数です)

2017 2016 2015 2014
国公立医学科 61(37) 45 58 50
防衛医大 12(4) 13 5 10
私立大学医学科 68(14) 39 34 38
合計 141(55) 97 97 98

 

医学部が 異常に多いな( ◠‿◠ )

 

 




 

金沢泉丘元校長先生 宮本先生と スタハ塾長辰村との対談記事です

↑   クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

 

石川県総合模試(北國新聞主催)

 

 

 

 

 

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

日本1位の合格実績(AIC)

ニュージーランドの世界的なトップ校

 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事