【 富山県の御三家 高岡 富山中部 富山の倍率が 低すぎる 】

↑  泉丘の確定人数。

 

石川県の金沢市などのトップ校は激戦だ。

大学入試に比べたら

倍率低いですが

やはり 相当な数の生徒たちが

惜敗する。

 

お隣の富山県のトップ校はどうだろうか?

 

探求科などがあるが

全部で見てみよう。

 

富山中部

定員 280人

受験者 285人

5人惜敗

 

富山高校

280人定員

291人受験

11人惜敗

 

高岡高校

280人定員

283人受験

3人惜敗

 

 

石川県の事情と全く違う。

 

石川県は 前にも書いたけど

泉丘 二水 桜丘 錦丘の

金沢市の上位4校だけでも

 

589人惜敗する。

 

富山は トップ3校で

19人惜敗。

 

 

全く受験事情が違う。

 

 

スタハ 辰村

 

PS   中3の進路指導

  よっぽど 輪切りでしっかり人数分けしてますね

 

  びっくりです。

 

 

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。

 

 





2 件 のコメント “【 富山県の御三家 高岡 富山中部 富山の倍率が 低すぎる 】”
  1. 高専生の親 より:

    こんにちは。石川高専の投稿をブログに載せいただき、うれしく思います。
    2016年までは、富山御三家の倍率は高かったでした。これは、富山高専が本当の意味で併願制だったので、御三家の滑り止めの役割りを果たしていました。それが、2017年から石川高専のように専願制になりました。富山の私立事情は分かりませんが、富山御三家の低倍率はこれが影響していると思います。

    1. studyhouse より:

      高専生の親様

      おはようございます。

      またまた 貴重なご意見ありがとうございます

      専願の影響もあるのですね。

      なるほど。納得です

      スタハ 辰村

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事