【 国の「大学への補助金」のほとんどは「帝大」に 】

 

教育は 「平等」ではありません。

 

まず 「平等」という考え方を

取り去らないといけません。

私も 最初知った時

強烈なショックを受けました。

 

そして  子どもたちにより良い教育を受けてもらうためには

より 小さい時に努力したり 

人間力を身につけることがより大事であることを

思うようになりました。

 

高学歴になればなるほど有利な現実があります。

 

 

例えば 県内のトップ高校に

「力のある」先生方を配置するのは当たり前となっています。

理由は簡単です。

 

「他県」との国公立大学や 帝大 難関10大学 有名大学への

進学実績を「教育委員会」同士で競っているからです。

手っ取り早いのは 進学校にエースと言われる先生を投入することです。

これは 公立高校だけでなく 私立高校でも一緒です。

特進にできる先生を配置します。

 

 

 

 

毎年行われている全国の「小学校」「中学校」の

学力調査も 47都道府県がしのぎを削っています。

プラスの効果として 全国の先生方が

互いにノウハウを共有し合って 

多大なる底上げができている事実もあります。

最初は開いていた トップと最下位との差は

縮まる傾向にあります。

 

だからこそ トップ高に

いい先生を配置する土壌はできています。

 

 

大学も一緒です。

 

全国には 800以上の大学があります。

多いですね。

そのうちの帝大と言われる「明治」にできた東大京大をはじめとする

7つの大学に

全国の大学補助金の 「4割」も投入されているのをご存知でしたか?

 

たったの7大学に 「全予算の4割」は 帝大に行くのです。

全国には800以上の大学があるのにです。

 

充実した研究 教育を受けるためには

やはり 資金面から見ても

帝大などに行くことは とっても有利なのです。

 

慶應なども 卒業生からの多額の寄付(三田会)があります。

 

 

スタハ たつむら

 

PS   環境を手に入れるために

努力することは 非常に 後々 さらに有利になるのです。

近視眼的な教育ではなく

「長い目」で お子様の教育を考える必要があります。

 

卒業後も 大学の時に築いた大きなネットワークを使って

一生 仕事の連携 相談が出来やすくなるのです。

 




がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

金沢市統一テストまで

令和元年11月8日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和2年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和2年3月10日、11日

カウントダウンタイマー

大学入試センター試験まで

令和2年1月18日、19日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

是非フォローお願いします

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




2 件 のコメント “【 国の「大学への補助金」のほとんどは「帝大」に 】”
  1. 大学院生 より:

    帝大というより東大といった方が正しいかもしれませんね。帝大内格差もすさまじいですから。

    1. studyhouse より:

      大学院生様

      こんにちは。

      コメントありがとうございます。

      おっしゃる通りですね

      帝大の中でも東大の比率は本当にすごいですね

      私も 昔 円グラフか何かで見たことあります(笑)

      また 追記して 書きますね。

      コメント嬉しかったです

      ありがとうございます。

      スタハ  たつむら

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事