【 台風で大阪のセミナー2つ なくなったけど(笑)】

 

30日(日)に実施予定だった

大阪のセミナーが台風のためキャンセルになった。

 

ただ 私にとっては

最高のキャンセルとなった(笑)

 

この間 エストニアの卒業生の話を

ブログで書いたけど

30日に 会いたいと言われていたからだ(笑)

 

こっちの方が 個人的には楽しみでしょうがない(笑)

 

流れは大事にしていこうと思うので

こっちの方が 人生の役に立つのだろう(笑)

セミナーの主催者様 ごめんなさい(笑)

 

早く明日になって欲しい(笑)

 

台風なので 午前に会おう。

 

スタハ   辰村

 

 




 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和3年1月16日、17日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和3年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和3年2月1日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和3年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




3 件 のコメント “【 台風で大阪のセミナー2つ なくなったけど(笑)】”
  1. 中3生の保護者 より:

    初めまして。小松市在住の中3生の保護者です。こちらのブログを見つけてから、毎日拝見させて頂いております。この時期になっても志望校を決めきれず、先生のアドバイスを頂ければと、思いきってコメントさせていただきました。
    志望校は、小松高校理数科と金大附属で悩んでます。附属については情報がなさすぎるので、親子で説明会にも参加しました。体験授業も楽しく、いい意味でイメージが変わりました。家族で話し合った結果、遠方であること、小松も十分いい学校(最近の学力低下が気になりますが)であるとこと、子供の意思を尊重して、一度は小松と決めました。しかし、一昨日通っている教室で面談があり、先生に「附属向きだと思うし頑張ってみては。推薦でも大丈夫だと思うが、もし試験を受けるとなるとこちらで対策できないので○開へ移った方がいいのでは」と言われ、どちらが良いのか迷っている次第です。総合模試では、1回目の偏差値が71,2回目が68でした。子供自身は、頑張ってみたいという思いもあるものの、自分が附属の中に入るとどの辺なのか、授業についていけるのか、何より行く子が少なすぎて行きにくいと不安が大きいようです。私自身も、附属はちょっと特殊な学校という思いが消えません。
    先生から見た附属と泉の特徴や、小松もいい高校という過去の記事も拝見しました。考えれば考えるほどわからなくなってきました。最後は子供自身が決めることだと思います。ただ、迷っている時背中を押してあげるのも親の役目かなとも思っています。
    お忙しいと思いますが、アドバイス頂ければ幸いです。

    1. studyhouse より:

      中3の保護者様

      こんばんは。

      まず 長文にびっくりしました。

      ご質問 ありがとうございます。

      小松という地域柄

      情報が少ないことを憂慮されておられるとの思いが

      ひしひしと伝わって来ます。

      ただただ 一助となればと思い一生懸命書きます。

      私も 率直に書きます。

      まず 附属高校に対して 

      私も 多分 保護者様と同じような附属に対する思いを 1、2年ほど前まで 

      持っていました。

      ブログを 一通りお読みということで

      繰り返しになるかもしれないことを

      前置きしつつ。

      スタハ には たくさんの附属出身の医学部生や 

      附属高校 附属中学 附属小に通っている子達がいます。

      たまたま スタハが 附属のお膝元の平和町にあるからだと思うのですが(笑)

      そこで 実際に通っている子たちや

      附属出身の 医学部のスタッフを見ていて

      本当に 朗らかとしたいい学校だなあと思うのです。

      今年の高校1年生は 泉丘に圧倒的な差をつけています(進研模試で 3教科で20点差)(2年は確か 5点差ぐらい)

      のびのびしていい学校です。

      細かい指導はなく 

      自由な校風です。

      宿題も他校に比べて少ないです。

      泉丘 二水は多いです。

      多分 小松も。

      泉丘は 400人いるだけあって

      勢いがありますね。

      最近 SGコースを新設して

      さらに パワーアップしている雰囲気があります。

      いじめなどのマイナスの話も聞きませんし

      附属同様 素敵な学校だと思います。

      東大京大をはじめとする学校別の対策もきっちりやっています。

      これは泉丘ならではだと思います。

      他の学校もやっていると思いますが

      泉丘は 帝大系に勝負する学生が多いので

      ノウハウや蓄積は圧倒的だと思っています。

      ただ 大学受験は どの高校も 厳しい戦いをしていますので

      帝大系の合格率は よくて40% 厳しくて 10パーセント台の大学もあります。

      高校と違い 平均2.5倍から3倍近いですし

      地方からの受験は 首都圏や大都市に比べると不利ですので

      そのぐらいになりますが 本当に泉丘 附属を中心に

      頑張っているなあと言うのが僕の感想です。

      小松も 私は大好きなのですが

      今年の高1だけ 上から下まで成績の格差があります。

      高2は大丈夫って感じです。

      来年は 小松加賀地区は 40人か50人ほど 受験人数が増えますので

      今年みたいに 300点以下で合格する子達は いないと思います。

      合格最低ラインが 錦丘より 下だったのは ここ数年というか

      30年近く?なかったのではないでしょうか?

      それほどの 危機でした。昨年度。

      小松の理数科は その小松で選ばれし子達ですので

      七尾の理数科同様 地方ですが 強いと思います。

      通学も気にされていましたね。

      確かに 高校生活は とっても忙しいです。

      中学みたいに ゆっくりしていても トップ校に行けるような甘いものではありません。

      全国大会という大学入試に向けて

      高1から飛ばさないといけません。

      それは 附属の浪人率が 5割近いことや

      泉丘も 二水も 130人近く浪人することを考えると

      一目瞭然です。

      上を狙う高校になればなるほど

      既卒生率が高くなるのは

      昔も今も変わりません。

      なので

      通学の時間は 非常に大事だと思います。

      スタハ にも 小松の山の方から出て来て

      1人暮らしをしている子もいます。

      また 輪島から出て来て

      お兄ちゃんと2人暮らし(兄は大学)の子もいます。

      通学時間を確保するために

      みなさん努力しておられますし

      お母さんと一緒に 金沢に出ているという話も聞きます。

      子供の教育は 子供を将来にわたって助けてくれるものなので

      みなさん 本当に真剣です。

      金沢市内でも

      バスでは 時間がかかるので

      なるべく時間を作るために

      車で送迎されている保護者の方も

      大勢おられます。

      やはり 高校の勉強時間の確保は非常に大事だと思います。

      また 地元の塾の先生の姿勢が素晴らしいと思います。

      附属のノウハウを持っていないからと

      大手に行ったらと提案できるということは

      子供のことを真剣に考えている塾長さんだと思います。

      いい塾選ばれましたね。

      また 偏差値から換算して

      私も 推薦で合格できる位置にいると思います。

      もし 行きたいのであれば 

      出願することもいいと思います。

      また その通っている塾の先生が

      附属でも合うんじゃないかな?

      と 仰られたということは

      多分 察するに

      「 自分のことを 自分でしっかりできる素敵な子。」と

      推察されます。

      附属はそういう子が多いです。

      もちろん 小松も多いです。

      私の持論を言うと

      迷うと言うことは

      どこに行っても幸せになる確率が高いと思っています。

      迷うと言うことは 

      思いが僅差である証拠で

      どこに行っても

      しっかりしたお子様ですので

      幸せになると確信しています。

      また もし 医学部とかであれば

      附属もいいかもしれません。

      理系の半分以上は 医学部志願なので。

      50人中 10名前後 現役で合格するイメージです。

      やはり 医学部に現役で合格するのは相当厳しいのですが

      本当にみんな命がけで頑張っています。

      とりとめのないアドバイスになってしまいました。

      すいません。

      ぜひ お電話ください。

      小松の中3といえば わかりますので

      知りたいことがあれば 何なりとご質問してください。

      私は 文才がなく こんな拙い文になってしまったことを

      お詫びします。

      何れにしても お子様は どこに行っても幸せになるような気が勝手にしています。

      心から 応援しています。

      頑張ってください。

      スタハ  辰村

  2. 中3生の保護者 より:

    こんばんは。沢山の情報と温かいメッセージをありがとうございます。「どこにいっても幸せになれる」という言葉に、気持ちが楽になりました。
    今週の何処かで担任の先生とも相談予定です。またお聞きしたいことも出てくると思うので、その時はお言葉に甘えてお電話させてください。ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事