【 中3へ 】【 公立高校受験 2日前 心構え 】

↑    小松

 

 

 

 

 

↑   二水

 

 

 

 

↑   桜丘

 

 

 

↑   泉丘

 

 

 

↑   錦丘

 

 

 

中3へ

 

入試2日前の心構え

 

 

入試の勉強お疲れ様です。

日々頑張っておられますか?

 

いよいよ

3月9日(火)

3月10日(水)の入試が近づいてきましたね。

 

 

今何を心がけて 頑張っておられますか?

 

 

やるべきことを整理してみましょう

 

1 まず 親への感謝

2 友人たちを励ます

3 入試に持っていくものを整理しておく

4 5教科の単語系の暗記が漏れていないか 全てチェックする。

5 模試の間違いや 問題集の間違いを一通り 全てチェックする。

6 直前まで持っていく問題集や参考書を 紙に書いて 整理しておく

7 コンパスの芯があるかチェック

8 消しゴムなどは 転がって落ちる場合もあるので 2個準備しておく

9 鉛筆はたくさん用意しておく

10 シャーペンも 芯を二本か三本 あらかじめ入れておく

11 送迎してくれる場合は大丈夫だが 自分で行く場合は 何があるか分からないので タクシー代も準備しておく

12 1日目が終わったら すぐに2日目の勉強ができるように 1日目の入試会場にも2日目の勉強の参考書を1冊は持っていく

13 スタハ生は 開いている校舎に行けますので 1日目が終わったらすぐに2日目の勉強に取り掛かる

14 耳掃除をしておく(リスニングのため)

15 いつも以上の実力を出そうと思わない。そのまま出し切る感覚の方が大事(緊張しないため)

16 今までのことを考えて後悔する場面もあるのであれば それを断ち切り 今から入試まで何ができるのかだけを考える

17 コロナ対策は いつも通り万全にしていく。マスクも途中で 無くなったり 汚くなったりする場合もあるので 

  予備を何枚か持っていく

18 3月10日まで頑張るという観点ではなく 走り抜ける感覚の方が大事。人間最後には 手をどうしても抜いてしまうので スタハ生的には 3月10日の2科目の入試を終えて 自己採点して 高校の数学の課題と 高校の英単語をもらって 勉強するまでを 一つのルーティーンのようにしてほしい。そうすることで 駆け抜けることができる。

高校数学や高校英単語のテストは 入試後の3月13日(土)14日(日)に各校舎で実施します。駆け抜けることを意識してください

 

19 1番目2番目にも書きましたが 親への感謝 おじいちゃんおばあちゃんへの感謝(送迎など) 共に励まし合って頑張ってきた友人への感謝を 伝えてください

大事なことです。

 

20 高校入試はみんなの多くにとって 大変な勉強だったと思います。ただ 大学入試は その比ではないです。皆様を愛しているからこそ 率直にそれも付け加えて 書かせていただきました。高校入試は通過点です。あくまでも通過点です。

 

 

 

 

頑張ってください

 

 

 

スタハ 辰村




久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

 

 

石川県総合模試(中3) 

石川県トップレベルのスタハ

約5000人が受験

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

日本1位の合格実績(AIC)

ニュージーランドの世界的なトップ校

 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事