【 ノーベル賞 圧倒的なアメリカの強さ 】

 

ノーベル賞週間が続く。

本当に素敵な発見ばかりで

ノーベル賞の解説を聞いて初めて知る分野も多い。

本当に 一人一人の努力に感無量だ。

 

それにしても アメリカ強いな( ^∀^)

 

ノーベル医学生理学賞

ジェフリー・ホール米ブランダイス大名誉教授(72)とマイケル・ロスバシュ同大教授(73)、マイケル・ヤング米ロックフェラー大教授(68)

3人アメリカ

 

ノーベル物理学賞 

米マサチューセッツ工科大のレイナー・ワイス名誉教授(85)と、米カリフォルニア工科大のバリー・バリッシュ名誉教授(81)、キップ・ソーン名誉教授(77)。

3人アメリカ

 

ノーベル化学賞

スイス・ローザンヌ大のジャック・デュボシェ名誉教授(75)、米コロンビア大のヨアヒム・フランク教授(77)、英MRC分子生物学研究所プログラムリーダーのリチャード・ヘンダーソン博士(72)

 

1人アメリカ

 

9人中 7人がアメリカだ。

国籍とか深く調べていないけど

大学なのか 個人なのかわからないけど

何れにしても 

国にしろ 個人にしろ

アメリカが 最先端だ。

アメリカが絡んでいる。

 

世界には180かそこらの国があるのに、

9人中7人がアメリカ。

 

アメリカの強さは 何だろう?

 

やはり 「自由」「自立」「個性の尊重」

があると思う。

 

アメリカに100日ほど 放浪の旅に出た時

本当にそれを感じた。

本などの情報ではなく

自分の肌で 「 なぜ アメリカは様々な分野で強いのだろうか?』

という疑問を解決するために 渡米した。

 

心底 自分が 温室育ちだということを感じた。

「日本」という温室だ。

 

 

小さい田舎の小学校も見せていただいたが

小さい低学年の小学生たちも

教室の前で

立派なスピーチを身ぶり手ぶりを混ぜてしていた。

ノー原稿で。。。

本当に衝撃を受けたのを今でもはっきりと覚えている。

 

スタンフォード大学に見学に行った時も

教授と学生が 楽しみながら

活発な議論をしていた。

 

内容はさっぱりわからなかったけど(笑)

 

双方向に意見を言っていることが衝撃だった( ◠‿◠ )

 

一人一人が強い。

 

この国の力は 計り知れない。

 

スタハ たつむら

 

PS 誰か スタハから

  アメリカの大学行かないかな?( ^∀^)

 

  スタハも一人一人が本当に強くなって欲しいと思っている。

  自立して 社会に出ても どんどん前に出れるような

  素敵な子どもたちを育てたい。

 




 

金沢泉丘元校長先生 宮本先生と スタハ塾長辰村との対談記事です

↑   クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

 

石川県総合模試(北國新聞主催)

 

 

 

 

 

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

日本1位の合格実績(AIC)

ニュージーランドの世界的なトップ校

 

AIC の実績(ニュージーランド)


AICスタディハウス公式HP→

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和4年1月15日、16日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和4年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和4年1月31日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和4年3月9日、10日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

お得1 【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

お得2 【 特典 】スタハにご関心ある方に「お得な情報」をたまに(笑)

お得3 【 ここだけ 】「ブログにない情報」も載せる予定。

↑   携帯はここをクリック。




よく読まれている記事