【 おはようございますー 】

 

 

おはようございます

 

 

今日も1日 よろしくお願いします

 

 

素敵な朝ですねー

 

 

スタハ 辰村




能登地方や県外などの遠方から 

金大附属高校 金沢泉丘などを受験する場合は

スタディハウスのオンライン講座へ。

詳しくは担当者が説明します

金沢中心部でのスタハカリキュラムと同様のカリキュラムで

してもらいます

ノウハウのあるスタディハウスにご相談下さい

 

↑   北國新聞掲載

石川県総合模試1位2位3位独占

 

石川県総合模試 スタハ模試会員募集中

10月受験より申し込めます

(9月28日現在 10月のテストは すでに 能登地方のみしか受験会場がありません 会場受験獲得は激戦です)(塾の申し込みだけで埋まっているのが現状です)

正規の会場がない場合 スタハ教室の緊張感ある場所にて 受験することができます。

やはり 入試の会場と疑似体験することによって子どもたちの成績は伸びますし 本番に強くなるのは明白です。

もちろん 会場にキャンセルなどがあり 場所が開けば すぐに スタハがその会場をおさえますので

お忙しい保護者の皆様に時間の面でも助けることができると思っています。

毎年スタハの人気企画。

なぜ人気なのかが クリックするとわかります笑

 

 

 


 

↑ 金沢泉丘元校長 宮本先生との対談の内容記事 ここをクリックすると見やすくなります

↑  クリック

 

 

 

 


↑   クリック

スタハ公式Twitter

フォローお願いします!!@studyhouse1119

公式インスタグラム

フォローお願いします。@studyhouse1119​

 

記事まとめ(お時間ある時にでもお読みください)

※戻るボタンを押して戻りながら読むと効率よく読むことができます。

↑  石川県総合模試のまとめ
1000件以上あります笑

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和5年1月14日、15日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和5年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和5年2月1日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和5年3月7日、8日

カウントダウンタイマー

 

 

 

2022年

高校部門

22年実績

小松20名

(昨年より16名増)

(過去最高)

↑小松駅前校は 去年3月開校。初年度の結果。

 

 

金附 泉丘 二水 

石川高専 小松 桜丘 

112名合格

(過去最高)

+34名大幅アップ

(+44%アップ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学部門

2022年実績

 

 

大躍進!大幅更新!

国公立大学 

75名合格!!

(昨年比+42名

(昨年度から一気に2倍以上)

(過去最高更新)

 

北海道大学薬学部

名古屋大学2名

神戸大学2名

 

慶應義塾大学

 

早稲田大学

 

大阪公立大学2名

京都府立大学

千葉大学

金沢大学21名

(過去最高更新)

 

明治大学

青山学院大学

立教大学

法政大学

中央大学

 

同志社大学

立命館大学他

 

 

 

 

 

 

中3 石川県総合模試 スタハ成績の推移

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ スタハの子どもたちの声を拡大できます クリック

 

 


 

ここをクリックすると拡大して綺麗に見れます

↑    クリック  

 

 

実績

例えば第4回では

第4回石川県総合模試(中3)(北國新聞主催)

10月17日(日)実施

石川県2位 455点 偏差値73

石川県3位 444点 偏差値72

石川県3位 444点 偏差値72

 

石川県1位はいなかったが

2位3位独占

石川県上位100番以内

14人がスタハ生

 

 

 

 

 

 

金大附属高校 山本先生との対談記事

↑  クリック(お時間ある時にでもお読みください)

 

 


 

↑ 金沢泉丘元校長 宮本先生との対談の内容記事 ここをクリックすると見やすくなります

↑  クリック

 

2021年実績

久留米附設高校(九州No. 1高校)

特待生合格

(国立大学医学部現役合格率 日本1位)

愛光学園(中国四国No. 1高校)合格

4人に1人が国立大学医学部に進学する超進学校)

石川県総合模試(北國新聞主催)

↑ 

 

 

 

成績の上がり方が違う!!

全国模試でも各高校で学年1位を連発しているスタハ

 

 

がんばれ受験生!試験までのカウントダウン

大学入試共通テストまで

令和5年1月14日、15日

カウントダウンタイマー

国公立大学前期試験まで

令和5年2月25日

カウントダウンタイマー

私立高校入試まであと

令和5年2月1日

カウントダウンタイマー

公立高校入試まであと

令和5年3月7日、8日

カウントダウンタイマー

スタハ公式インスタグラム始めました!! @studyhouse1119

フォローお願いします

普段のことを載せています。

 

スタハ公式Twitter フォローお願いします!!@studyhouse1119

ブログ更新と共にアップしています。

 

スタハ公式ライン「友達登録」による3つのお得!!

【 早い 】スタハ保護者への情報をラインを通して「迅速」に。

↑   携帯はここをクリック。




3 件 のコメント “【 おはようございますー 】”
  1. 保護者 より:

    おはようございます。
    いつも拝見させて頂いています。
    お聞きしたいのですが、松高はやはり推薦(国公立の学校型推薦、難関私立の指定校)は中々出して貰えないのですかね~。
    昨日成績表を貰いに行き、全科平均80オーバーでクラス順位もかなり上位だったのですが、やはり雰囲気が国公立押しで(笑)
    親としては先の就職等も考え、難関私立の指定校でも?と甘い考えを持ってしまいます。。。
    まだ高一なので先の話で、進路指導の先生の話も詳しく聞いていないので分かりませんが。
    先生の塾生さん達で推薦等の話は出ますか?
    差し障りのない範囲で教えて頂ければ嬉しいです。

    1. studyhouse より:

      保護者様

      おはようございますー

      いつもブログを読んでいただいてありがとうございます。

      80点以上ーすごいですね

      感動です

      東大 京大 国立医学部 早慶狙えますねー

      松高だけに限らず 泉丘 二水 桜丘 錦丘 西 明倫 明峰 七尾  全て 国立推しですね笑

      金大附属は 自由な感じで 早慶でも推してくれる感じがします。

      早慶で 指定校推薦 10人近く持っている時点で すごいですよね 金大附属。

      国立押しの

      理由は あくまでも私の想像ですが

      1 まず 公立高校の先生のほとんどは 国立大学出身

      2 多分 教育委員会の評価ポイントが 東大京大  国立医学部 国公立大学の人数で 決まると思っていますので

         早慶であっても 推すことはないと思いますねー

         どこの公立の学校でも 同じですね。

         肩身が狭い思いはしていると思いますね。実際。

      スタハ 辰村

      PS 私個人としては 難関私立大学も 当然ありだと思っています。

      保護者の方もおっしゃっておられるように

      東京方面や関西方面の難関私立は 就職が 非常にいいですよね。

      地方国公立大学より 格段にいいという印象が 私にはあります。

      指定校推薦の話は 少しはありますよ笑

      ただ 東京方面の高校に比べては 非常に少ないでしょうね。

      PS2 国公立大学の学校型推薦の準備は 自分なりにしておいたらいいとおもいます

      私立高校は 全面バックアップしてくれる印象があります。

      公立高校は 国立であったとしても あまり強く指導してくれる印象は受けていません。

      だから 自分で調べて 自分でいつでもスタンバイできるようにしておく必要があります

      難関の国立大学 帝大でも 推薦たくさんありますので

      準備した人が勝ちですよ。

      また

      私立専願の人もスタハにはいますので

      躊躇なく 徹底的に 3教科させています笑

      大学入試で 二足のわらじの回り道をしている暇がないので

      徹底的に 3教科ですね。

      まずは 英語ですね

      1. 保護者 より:

        早速のご返事、ありがとうございます!
        なるほどー的な理由ですね(笑)
        ただ実際選択する権利があるのを、悪く言えばエゴで狭める事がないようにして欲しいです。
        もう少し柔軟性があっても良いかなぁと。
        まぁ、私が私立だからって事もありますが(笑)

        あ、けど塾生さんで少しはいらっしゃるのですね!?

コメントは受け付けていません。

よく読まれている記事