高等部

スタハの高等部は

みんな元気です!!

他の塾と同じく

中3からの持ち上がりが

大半を占めます。

もちろん 高校から入塾する人も大勢います(^^♪

 

小学校から通っている人もいます。

みんな一生懸命で

しっかり将来を見据えて頑張っています。

 

附属泉丘は途中経過。

高校入試中学入試は簡単。

勝負は大学入試!

高校入試とはケタが違う!

と いつも言っています(笑)

 

スタハは

コツコツ頑張る集団です。

大学入試が甘くないことは

中学生はもちろんの事

小学生から言い聞かせてきました。

 

難関10大も

石川県から

現役でたったの200人くらいしか合格しないこと。

(石川県の高校3年生は1万1000人ぐらい)

東大の現役合格率は

0.127%(2016年)なこと。

2016年は たったの14人です。

 

東京は 地元というのもありますが

浪人混ぜて 1000人以上合格します。

差が歴然としています。

人数割でいっても 石川県の4倍以上の力を

東京は持っています。

 

金沢大附属 浪人率 4割から5割。

泉丘 浪人率 3割以上。

真実と現実をしっかりと教え

その上で みんなでがんばろうと

本気になっている塾です。

 

勉強を通して

誠実に前向きな性格になってほしいとも思っています。

人間力を身に着けて

将来幸せになってほしいです。

 

定期テストもしっかりとがんばり

国公立大学の推薦入試も

しっかりと狙わせています。

2018年度から 国公立の推薦入試の枠が

急激に増えます。

この傾向はどんどん続くことでしょう。

スタハはそれに備えています。

受験一辺倒の塾とは一線を引いています。

 

だからこそ 高3になってからではなくて

今なのです。

 

定期テストをしっかりと取らせて

推薦入試の土台を固め

大学入試的にも基礎力をためまくる。

 

作戦としては

インプットの時間よりも

アウトプットに時間をかける。

これが 「スタハの真髄」です。

 

演習に時間をかけることこそが 王道です。

学校の授業も大事なのですが

それを定着させるためには

絶対的な演習量が大切です。

 

私たちは シンプルに

演習時間を確保するための

塾を作りました。

 

インプットに時間をかけるカリキュラムでは

東京には勝てません。

テニスの錦織の試合をたくさん見たって

テニスが全くうまくならないのと同じです。

 

人間は 自分でしたことのみ

実力となるようにできているのです。

 

仕事も一緒です。

知識を得てもそれを

仕事場ですぐに生かさなければ

役に立たないのと一緒です。

 

授業の聞きっぱなし。

ぼーっと塾での講義を見たり受けたり

しているだけでは 成績は上がらないのは当たり前です。

 

 

最近始めた高校部門ですが

結果はすぐに出始めました。

 

まだまだ 新しい塾なので

高校3年生の人数は少ないです。

だから

大学入試の実績は今からですが

もうすでに

高1高2のテスト結果はどんどん出ています。

 

今 金沢市の現役東大合格者はたったの10人です。。。

それを 一気に他塾と共同して50人にしたい!!

せっかく新幹線もできたし(笑)

 

国公立の医学部も 現役合格させきりたいです。

 

またみんなの行きたがっている難関10大に

現役で合格させきる塾でありたいです。

まずは 100人合格させたい!!

 

そんな理想の塾になります!

 

高校入試 中学入試は

その途中経過と考えています。

 

志高く。

ひたすら志高く!

 

スタハ たつむら