【 石川県公立高校入試 平成28年度版 2016年  考察 】

image

 

得点分布は 確実に上位層が減っている。

それは 昨年の合格ラインとの比較でも明らかだ

 

泉丘 昨年 370点

今年 350点

二水 昨年 329点

今年 320点

桜丘 昨年 319点

今年 320点

錦丘 昨年 295点

今年 280点

 

また上記の点数は

スタハ独自の調査

 

1 スタハの子どもたち

2 ブログに投稿してくださったみなさま

3 スタハの子どもの友達

4 スタハの子どもの友達の友達(笑)

 

以上の4点からの調査です。

 

とりわけ

ブログに書き込んでくださった皆さんには

この場をかりて感謝申し上げます。

ありがとうございます。

 

 

独自調査なので

実際の合格ラインに比べて

少しずれるかもしれませんが

大差はないと思います。

 

29086278

 

また 昨年の倍率と

今年の倍率をみると

 

 

泉丘が 去年爆発的な倍率

今年は 桜丘が 驚異的な倍率の

影響もあります。

 

今年 採点基準が違うとはいえ

一概には言えませんが

 

二水と桜丘が

同じ合格ラインというのも

特筆すべきことでしょうか?

 

つまり 今年の星稜は

泉丘 惜敗組が少なく

320点を切る 二水 惜敗組が多数占めていると

推察できる。

 

昨年は 泉丘惜敗組が多かった。

だから 星稜の今の2年生は

絶対に誇りをもって

大学入試を戦ってほしい。

もちろん

もう くよくよしてませんよね(笑)

失礼しました(笑)

 

さらに もちろん

今年の桜丘 二水 泉丘 錦丘を

はじめとする公立高校惜敗組は

絶対に 大学入試でリベンジしてね(^^♪

 

絶対 大丈夫(^^♪

こっちが大事すぎる(笑)

だって 企業は 「 高校名 」見ないよ(笑)

就職は 大学で決まるよ。

東京で 「 泉丘 」「二水」って

言っても誰も知らないよ(笑)

本当に(^^♪

 

 

学歴フィルターは

「大学」で 決まるから(^^♪

 

高校はあくまでも途中経過(^^♪

 

勝負は 絶対に

誰が何と言おうと

大学入試ですよ(笑)

 

そこがわかっている家庭や

子どもが 人生に勝つ!

 

高校で満足している子は

大学入試で悔し涙を流すことだろう。

 

高校入試は 直前の6カ月で何とかなる人も多いが

大学入試は 何年もかけて 準備するものだからだ。

全国は強いよ。

 

父の転勤の関係で

10回以上 全国を回らさせていただいたが

高校にかける比重に比べて

大学に対する意識が

石川県は比較的低いと感じて

勝手に私は危機感を抱いている。

「 高校至上主義の県 」

 

これでは 全国では通じない。

 

愛する故郷石川県を

全国に通じる素敵な県にしたい!!!

 

スタハ たつむら

 

[blogranking1]


よく読まれている記事