【 MIBの南先生の高校入試と 大学入試の比較が面白い 】

 

南先生に許可をいただいて

転載させていただきます。

 

MIBの南先生の見解  

↑ クリック

 

以下  公立高校と大学入試の相関関係。

 

参考得点

難関国立大、医学部 400点以上 

トップ私大 英数85~90点 

金大理系(看護も含む) 360~370

難関私大 英数80~85点 

金大文系 350~360点 

富山大 石川県立大学 310~330点

金沢工大 290~300点

点数で「あおる」わけではありません。

が、現役で第一志望大学、学部へ入学することは実際厳しい現実があります。

ご理解下さい。 

 ※高校別の採点基準があるため、高校が違うと単純比較はできませんが、「目安」とお考え下さい。 

【合否ゾーン簡単計算値】→29年合格者平均が255とした場合

※合否ゾーンとは、合格者と不合格者が混在する文字通り「合否の分かれ目」の点数帯です。 

 

 

 

以上が

南先生の見解です。

 

この試みとっても面白いと思います。

 

素敵です。

 

つまり 二水の合格ラインと 金大は

離れていることがこれからもわかると思います。

 

二水 = 金大ではないのです。

 

スタハ たつむら

 

PS 南先生 転載許可ありがとうございます。

  南先生は 能力開発センターの時の先輩に当たります。

  時期は少しずれていますが(笑)

 

 

石川県ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村金沢情報の方もポチポチお願いします(^^♪ 2個押すとニコニコになります(^^♪ 【速報 2016実績】  【3月17日判明分】(開塾5年目) 滝高校(愛知) (偏差値72)1名○ 西南学院高校(福岡)(偏70)1名○ 県立福岡高校(福岡県)(偏70)1名○ 金沢泉丘高校 29名(30名中) 97%○ 金沢大学附属高校 4名(5名中)○ 金沢二水高校 17名(24名中)○ 石川高専2名   ○富山高専1名○ 金沢桜丘2名 金沢錦丘高8名 金沢西高8名 明倫高4名○ 自由ヶ丘(福岡)スーパー特進(偏66)1名○ 星稜 金沢 北陸学院 金沢学院      私立奨学金 26名獲得○ 金沢大学附属中学2名 ○  金沢大学附属小(複式)1名 (倍率3倍以上)○ 金沢錦丘中学 5名(倍率2倍以上)○ 北陸学院中学 2名○ 星稜中学 1名○ 国立電気通信大学 1名(泉丘) 石川県立看護大学 1名(伏見出身)○ 東京薬科大学 1名(偏差値60)(金沢)○ 北陸大学(薬学部) 1名(二水)○

 


過去1年で よく読まれている記事