【 高3へ  最重要 】【 私大の定員を一定以上 上回った場合の罰則が 今年は維持することが決定 】

 

高3へ

 

この記事の影響は?

 

それは 自分は私大を受験しないから大丈夫ではない。

私大の難化は

国立にも大いに響く。

 

実際

なぜ 金大の県内合格者数が減ったのか

考えてほしい。

 

その大きな原因は

新幹線もあるが

東京の私大の難化である。

 

 

東京から溢れて来た受験生が

どんどん地方に来ている。

 

また 

地方から東京を受験するのは

偏差値的に厳しいってことになって

地方から地方に受験する流れができつつある。

 

つまり

長野から 東京ではなく

長野から 金沢

 

新潟から 東京ではなく

新潟から 金沢。

 

これは 金大のホームページの人数動向からもわかる。

わずかではあるが

金大の1700人の小さい定員(首都圏の大学に比べると)を考えると

100人200人動いただけで

受験地図が激変するのは想像に難くない。

 

東京にとって少ない人数かもしれない。

30人や 50人とか100人とか。

(法政大学だけで7000人)

(日大1万人)(早稲田1万人)(慶応6000人)

 

ただ 石川県内の受験生にとっては

致命傷になる。

 

今回は 私大の定員に関する厳罰化が見送られた。

受験生にとって プラスである。

 

要は 東京の大学が今年と同じように

人数を取ってくれるからだ。

 

ただ ここ数年の過年度生の増加は

現役生にとって

脅威であることに変わりはない。

 

 

スタハ   辰村

 

PS    私大は 文科省の交付金に頼る割合が高い。

  つまり 自立していないので

  文科省の政策の僕みたいになる。

 

  2015年まで 入学定員の120%までに抑えていれば

          交付金が交付されていた。

          つまり 定員の1.2倍まで取ってよかったのだ。

  2016年   117%

  2017年   114%

  2018年   110%

  そして今年 本当は 今春の110%の基準に

  100%を超えた場合 さらに 減額が決まっていた。

 

  この後者の基準をなくしたのだ。

 

  なーーんだ 

  たったの1割と思うかもしれない。

  ただ

  首都圏に日本全体の4割か5割の大学があるのをご存知ですか?

  その1割っていったらどうなるか

  お分かりですよね?

 

  しかも 「110%でいい」ではなくて

  限りなく100%に近づけて

  仕方なく110までいいよと言う110%なので

 

  実質 1割以上の感覚なのだ。

 

  私大文系を中心に過年度生が急増している。

  東京地方の予備校もたくさんの生徒が通っていると聞いている。

 

  東京の私大を受験する人は さらに本当に頑張ってほしい。

  また 地方の国公立を受験する人も

  今年も厳しかったが来年も厳しいことが予想される。

  条件は 今春と同じだからだ。

 

  精一杯悔いのない努力を。


過去1年で よく読まれている記事

2 件 のコメント “【 高3へ  最重要 】【 私大の定員を一定以上 上回った場合の罰則が 今年は維持することが決定 】”
  1. マクロ より:

    こんにちは。
    話が脱線して申し訳ないのですが、富山市や高岡市では新幹線通学(大学、院、専門学校)する人に通学補助(富山市2万円/月、高岡市1万円/月かな?)が出ます。(予算限度額までは知りませんが。)
    新幹線が福井市まで開通すると福井市も同様の事をするかもしれないですね。
    まあ、受験生の志望には関係ないかもしれませんが、実家に子供を置きたい親(家から通いたい受験生も?)からしたらメリットの有る制度かもしれません。
    富山市から福井市までの受験生なら金大や金工大がみじかになるでしょうね。

    1. studyhouse より:

      マクロ様

      こんばんは。

      本当なんですか?

      富山県は頭がいいですねー。

      実家から通うということで

      卒業後に

      富山に就職する確率が増えますもんね。

      富山市だと 4年間で100万近く出るのですね。

      それで 地元に就職するのであれば

      富山県としたら してやったりですね。

      やはり 富山の行政は賢い。

      スタハ 辰村

      PS 自治体としては

        どうやって 若者に地元に残ってもらえるかが勝負なので

        ここまでするのでしょうね。

        勉強になりました。

        いつも有益な情報ありがとうございます。

コメントは受け付けていません。