【 附属 泉丘 小松 二水 星稜A 金沢S 桜丘 錦丘 七尾 ミッション特進の特徴を一言でいうと 】

↑   去年の3月最後  泉丘の合唱部の先輩方 最後の熱唱。

感動した。

 

 

まず 私の独断と偏見です。

各学校の利点を一言でいうのは

非常に難しいのですが

大学進学だけに絞り

書きます。

 

 

附属 医学部志向が強い 25人国立医学部に。 帝大も最近多くなってきた

泉丘 難関10大学に強い。157人難関10大学。京大に強い印象。

小松 成績は幅広いが なるべく現役で 合格にこだわる学校

二水 帝大は少ないが 金大受験者の中で だいたい3人に1人合格(前期)

星稜A   国立志向

金沢S   国立現役合格率70パーセントは強い。

桜丘 金大 富山大学志向

錦丘 4人に1人 現役で 国公立

七尾 小松同様 地方のトップ校として 幅広い層がいる。

ミッション特進  国立志向ではなく 私立の指定校推薦狙いの人がほとんど。

 

 

一言で 利点をいうと

こんな感じだろうか?

 

スタハ 辰村

 

PS   もちろん 私の頭にパッと思った意見ですので

  他にも色々あると思いますが

  まず まとめてみました。

 

 

 


よく読まれている記事

コメントを書く
※お名前(仮名可)のご記入をお願いいたします。スパム投稿防止のため、画像認証をお願いしております。表示されているひらがなを入力してください。

CAPTCHA


内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。投稿後すぐには内容は反映されません、管理人承認後の掲載となりますm(_ _)m