【 14時15分 】【 長文です。。(笑)】【 2017年 石川県高校入試  全体講評 】

 

2017年 石川県の公立高校入試 

全体概況

 

英語 リスニングに自由英作文

   大問3に4文以上の自由英作文が移動し

   大問4にも 2文の自由英作文が。

   大幅に ライティングにこだわる内容だった。

   また 長文の長さも 昨年増えたのに

   さらに 増加して 超長文になってきた。

   英語の方向性は どんどん引き上げられている。

   決意を感じる

 

数学 長年 定番にしてきた 「規則性」を外してきている

   変革の年。

   関数の(2)も 難化させてきた。

   数学の平均が気になるが

   平均だけの観点でいくと 少し変わるぐらいかもしれないが

   確実にボリュームゾーンは 下がるし

   上位層は 少ないだろう。

   それほど 石川の数学は難しい。

   英語 理科 社会で 確実に点数がほしいところだ。

 

理科 変わらずだが  10年か20年に1回あるかないかの

   「音」の分野の大問を出してきたのは

   出題者として 若手の変化を感じる。

 

社会 世界地理の分野を 世界全体から混ぜて出してきている。

   来年もこの傾向は続くと思われる。

   ただ 今年のように ヨーロッパに偏ったように

   2,3個の地域をミックスさせる感じだ。

   すべてではなく クローズアップして

   数個選ぶ感じにこれからなるのかも。

 

国語 古典  古文ではなく漢文を出してきた。

   簡単だったので 影響は少ないが。

   10年に1回ぐらいの確率でしか出ない漢文を

   もってきた。

 

いずれにしても

  各教科で 大きな変化があった年だ。

  2020年の 教育大改革をターゲットに

  県教育委員会のプライドと 一生懸命 国の政策についていこうという思いを感じる。

 

  教育委員会の委員長(トップ)が 変わったのも影響あるのかな?

 

来年度も 柔軟に 幅広い知識が問われることになるだろう。

ますます つけ刃では 太刀打ちできない入試になってきた。

 

長くしっかりと準備した人に

高校入試でさえ

微笑むテストになってきた。

大学受験のミニ版みたいに

努力量が求められる入試になったきた。

 

難化するということは

差がつくということです。

 

小学校のテストのように簡単だったら

差がわかりませんよね。

逆に実力で差がつくというよりも

ミスするかどうかでつくみたいな(笑)

 

でも 難しい問題は点数に差が付きます。

上位高校は これからも

高度な勝負になります。

 

大学入試は

もっと

もっとすごいですが(笑)

 

帝大はもう 比較にならないくらいすごい戦い。

 

 

スタハ たつむら

 

PS 入試関係者のみなさま

  保護者の皆様

  頑張った生徒のみなさん

  学校の先生や 塾仲間の先生方。

  そして 

  なぜか 石川県のローカル塾ブログを読んでくださっている

  読者の3割の全国のみなさん(笑)

  日々のお仕事 受験勉強 ひとまず お疲れ様でした。

 

 

 

石川県ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村金沢情報の方もポチポチお願いします(^^♪ 2個押すとニコニコになります(^^♪ 【速報 2016実績】  【3月17日判明分】(開塾5年目) 滝高校(愛知) (偏差値72)1名○ 西南学院高校(福岡)(偏70)1名○ 県立福岡高校(福岡県)(偏70)1名○ 金沢泉丘高校 29名(30名中) 97%○ 金沢大学附属高校 4名(5名中)○ 金沢二水高校 17名(24名中)○ 石川高専2名   ○富山高専1名○ 金沢桜丘2名 金沢錦丘高8名 金沢西高8名 明倫高4名○ 自由ヶ丘(福岡)スーパー特進(偏66)1名○ 星稜 金沢 北陸学院 金沢学院      私立奨学金 26名獲得○ 金沢大学附属中学2名 ○  金沢大学附属小(複式)1名 (倍率3倍以上)○ 金沢錦丘中学 5名(倍率2倍以上)○ 北陸学院中学 2名○ 星稜中学 1名○ 国立電気通信大学 1名(泉丘) 石川県立看護大学 1名(伏見出身)○ 東京薬科大学 1名(偏差値60)(金沢)○ 北陸大学(薬学部) 1名(二水)○

 


過去1年で よく読まれている記事