【 金沢市統一テスト 附属泉丘など 】

 

金沢市統一テスト。

データがほとんどないので

大体ですが。

 

合格圏 70パーセントか80パーセント

合格ライン 50パーセント(勝負ライン)

 

附属 泉丘 合格圏390点

         380点で 合格ライン。

 

二水 合格圏355点

   合格ライン340点か345点か。

 

桜丘 合格圏 340点

    合格ライン335点ぐらいか

 

錦丘 合格圏 330か320点

    桜丘 錦丘ぐらいになって来るとボリュームゾーンなので

    入試本番の出来具合で 

    逆転合格多数。

    ボリュームゾーンは 要注意。

 

西 合格圏 280くらい

明倫 合格圏 260くらい

       合格ライン250点

 

星稜Aは 二水と同じくらい。

金沢Sが 桜丘と同じくらい。

 

ただ 私立に関していえば

あくまでもそれは合格ラインであって

合格者を見ると レベルの高い子が多い。

泉丘 附属 二水 桜丘と併願しているためと思われる。

 

高校で受ける

進研模試で言えば

金沢S 星稜A共に

二水の平均点を 越えているので

レベルが高いと言える。

 

近年の金沢Sの躍進は素晴らしいと思う。

去年 国立医学部も複数出している。

星稜高校よりも出している。

あとは 帝大に合格者を出したいところ。

 

スタハ たつむら

 


過去1年で よく読まれている記事