【 金大附属高校は 附属中からの内部進学のほうが難しい? 】

 

1月に推薦入試の結果が発表される。

 

そして 推薦に漏れた 附属中学生や

他の中学生が 

2月の一般試験 金大附属高校の試験に臨む。

 

そして 合格していく。

 

その時の合格ラインについて。

内部進学者(附属中)のほうが

10点ほど 合格ラインが高い。

 

 

つまり

 

 

他の中学から受けたほうが

簡単ということだ。

附属なのに附属からの進学のほうが難しくなっている。

 

 

なぜこのような事態になってしまったのか?

 

 

一言でいうと

 

「 金沢泉丘 」との 併願受験ができなくなったからです。

 

昔は 両方受けれたので

倍率もそれなりに高く

たくさんの人を集めた。

 

 

ただ近年は

併願ができないことに加えて

20年か 30年前のような

圧倒的な附属の力もなくなってきたので

人気は 昔に比べて下がり気味だ。

 

 

だから 

 

「 逆転現象 」が おき始めたと推察できます。

 

 

スタハ たつむら

 

PS 内部から65人

   外部から55人という枠を取っ払えば

   平等になり

   人数の割合に関係なく

   より優秀な附属高校生が誕生すると思うんだけど。

 

 

 

石川県ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村金沢情報の方もポチポチお願いします(^^♪ 2個押すとニコニコになります(^^♪ 【速報 2016実績】  【3月17日判明分】(開塾5年目) 滝高校(愛知) (偏差値72)1名○ 西南学院高校(福岡)(偏70)1名○ 県立福岡高校(福岡県)(偏70)1名○ 金沢泉丘高校 29名(30名中) 97%○ 金沢大学附属高校 4名(5名中)○ 金沢二水高校 17名(24名中)○ 石川高専2名   ○富山高専1名○ 金沢桜丘2名 金沢錦丘高8名 金沢西高8名 明倫高4名○ 自由ヶ丘(福岡)スーパー特進(偏66)1名○ 星稜 金沢 北陸学院 金沢学院      私立奨学金 26名獲得○ 金沢大学附属中学2名 ○  金沢大学附属小(複式)1名 (倍率3倍以上)○ 金沢錦丘中学 5名(倍率2倍以上)○ 北陸学院中学 2名○ 星稜中学 1名○ 国立電気通信大学 1名(泉丘) 石川県立看護大学 1名(伏見出身)○ 東京薬科大学 1名(偏差値60)(金沢)○ 北陸大学(薬学部) 1名(二水)○

過去1年で よく読まれている記事