【 第2回石川県総合模試 理科 スタハ講評 】

image

 

この時期 理科ができる人は少ない(*^。^*)

 

今回受けた人は 石川県の入試の記述が

多いことに気付いただろう。

 

また 計算問題が4問あった。

計算問題は 総じて 「正答率が低いことで有名」だ(笑)

 

泉丘 附属 二水レベルを受けるのであれば

しっかりと取りきってほしい。

別にむずかしい問題ではない。

数学に比べたらとっても簡単(笑)

 

また 記述問題で 落とした人も多いことだろう。

 

大問2 問5

大問3 問5

大問4 問4

の記述の3つは 少し難しいほうかもしれない。

 

いずれにしても 石川県の30%から40%は記述問題だ。

記述問題には定番が多い。

まずは 塾の先生に聞いて

定番の

100個くらいはすぐに暗記してほしい(笑)

今回でいえば

大問3 問4

大問4 問6

大問6 問3

大問6 問4 → 超定番!

大問6 問6

5つも定番が出ている。

 

出るのが決まっている問題は丸暗記だ(笑)(*^。^*)

 

社会も同様で記述問題の定番(いつも出るもの)がある。

たとえば 鎌倉文化の特徴は?とか

御恩と奉公の関係とか?

徳政令を通して鎌倉幕府はどうなったか?など

それも暗記してほしい(*^。^*)

手始めに 200個覚えよう(笑)

 

泉丘 附属に行くためには

80点以上は取りたいところ。

 

大問はいつも6題と決まっている。

大問1問あたり 「1つ間違い」でクリアーすると

80点をほぼ越える。

 

目標にしてほしい

 

スタハ たつむら

 

PS 二水的には 75点ぐらい以上は目指してほしいけど

スタハ的には 簡単な理科は攻めまくって

最後は80点以上を取ってほしいと思っている(笑)

理科はやはり 数学に比べて簡単だ。

 

今回の模試は 総じて簡単に作られている。

取りきってほしい。

 

 

 

石川県ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村金沢情報の方もポチポチお願いします(^^♪ 2個押すとニコニコになります(^^♪ 【速報 2016実績】  【3月17日判明分】(開塾5年目) 滝高校(愛知) (偏差値72)1名○ 西南学院高校(福岡)(偏70)1名○ 県立福岡高校(福岡県)(偏70)1名○ 金沢泉丘高校 29名(30名中) 97%○ 金沢大学附属高校 4名(5名中)○ 金沢二水高校 17名(24名中)○ 石川高専2名   ○富山高専1名○ 金沢桜丘2名 金沢錦丘高8名 金沢西高8名 明倫高4名○ 自由ヶ丘(福岡)スーパー特進(偏66)1名○ 星稜 金沢 北陸学院 金沢学院      私立奨学金 26名獲得○ 金沢大学附属中学2名 ○  金沢大学附属小(複式)1名 (倍率3倍以上)○ 金沢錦丘中学 5名(倍率2倍以上)○ 北陸学院中学 2名○ 星稜中学 1名○ 国立電気通信大学 1名(泉丘) 石川県立看護大学 1名(伏見出身)○ 東京薬科大学 1名(偏差値60)(金沢)○ 北陸大学(薬学部) 1名(二水)○

過去1年で よく読まれている記事