【 石川高専 電子情報 合格体験記 たっちゃん編 】

 

石川高専

電子情報学科

野田中出身

合格体験記

 

 

私がスタディハウスに入ったのは中2の終わりの春休みです。

周りの多くの人が 塾に入っていたので自分も塾に入ろうと思いました。

スタディハウスを選んだ理由で最も大きく割合を占めていたのは宿題がないことです。

塾の宿題に追われて 学校の課題がおろそかになっている友達を見て 

自分は学校の課題をしっかりこなしたいと思ったので

宿題のないスタディハウスを選びました。

私は自分に甘い人間で 勉強よりもゲームをしてしまう人間です。

家で勉強することが難しかったので塾で勉強するようになりました。

静かで 周りの人は真面目に勉強している環境に行くことで 

自分はこのままでいいのかと思うようになりました。

夏休みはほとんど勉強をサボっていました。

しかし 9月ごろから危機感を持ち始めて勉強するようになりました。

塾で1番苦痛だったのは 正月特訓の朝九時から夜九時までの勉強です。

それを経験してからは人間はある程度頑張っても死ぬことはないということがわかりました。

度胸がつきました。

  私は推薦で高専を受けました。

1週間前は緊張しましたが 2日前にもなると緊張は消えてなくなり

 少しだけ自信がありました。

試験は手応えがなく 落ちたと思いましたがなんとか受かることができました。

合格を知ったときは 今まで経験したことのない喜びでした。

まず 自分を育ててくれている親に感謝したいです。

自分の目指す道を応援してくれる親、学校の先生方、塾の先生方に感謝します。

未熟な自分ですが 精進していこうと思います。

 

 

 

 

 

この子は謙遜な子。

仲間を背中で引っ張る子。

真面目で 大学もいいところ(帝大)に

編入試験でいける子。

感動をありがとうね。

 

将来は ゲームのプログラマーになりたいらしい。

趣味を実益に(笑)

彼女ならやり切るだろう。

 

スタハ 辰村

 

PS     早く チャート進めなさい(笑)

 

 


よく読まれている記事