【 石川県高校入試 金沢二水 合格ラインは? 】

images65U13WVX

金沢二水 合格ラインは?

昨年の合格ラインは 329点前後

倍率は 今年と同じ1.28倍。

 

ただ 昨年は 想像以上に

「 金沢泉丘 」に 人が集まり

1.35倍と 過去最高の倍率となった。

 

 

今年の金沢泉丘は 1.17倍。

普通の倍率に落ち着いた。

つまり その分

「 二水高校が難しくなる。」

 

前のブログでも書いたが

今年の

金沢泉丘のラインが 350点から360点前後と予想。

昨年は 泉と二水の差は 40点ほど開いた。

 

今年は ここ最近の傾向通り 25点から30点になるとみている。

ということは

 

325点から 335点のあたりか?

もし 石川県平均が 10点ほど下がるのであれば

320点から 330点のあたりが 合格ラインもあり得ると思う。

二水受験者の英語力が どれぐらいなのかでも ブレが生じると思う。

 

 

金沢二水高校が 社会の記述の50点分の採点をどうするのか?

また 自由英作文(8点)の基準をどうするのか?

そして 記述が増えた国語がどうなるのか?

この辺が 分岐点だろう。

そこでも点数のブレは大きい。

 

 

あくまでも予想なので

何とも言えないが

こんな感じに予想してみました。

 

スタハ たつむら

 

追記  以下は 2016年11月20日に書いています。

結論から言うと 合格ラインは 320点から325点でした。

たまたま

だいたい

まあまあ

当たりました(笑)

パチパチ(笑)

 

 

[blogranking1]

 


よく読まれている記事