【 石川県総合模試 第2回 英語 スタディハウス講評 】

image

 

石川県総合模試 英語。

今回は 易しめに作られている。

長文も短い。

この時期なのでこんな感じだと思います(笑)

 

もし この長文で やられているのであれば

上位高校は 難しいでしょう。

 

 

石川県の入試の長文は もう少し長くて難しいからです。

 

徹底的に長文を読んで

長文を得意にしましょう。

 

リスニング 30点

自由英作文 8点

 

他は

すべて 長文ですよ(笑)

 

62点分長文読解なのが石川県なのです。

 

そして 長いです(笑)

 

早めに長文を解けるようにして

理科社会を 最後に追い込みかけれる様に

がんばりましょう。

 

基本的に今回の問題で難しい問題はありませんでした。

 

 

 

スタハ たつむら

 

PS 附属 泉丘受ける人は

模試では 90点以上を目指してください。

 

模試で80点越えていても

高校になってから受ける進研模試で 60点台なので(*^。^*)

つまり 金大です。

 

進研模試で 70以上とるためには

簡単な石川県総合模試の時に

90点を取らないといけないです(*^。^*)

 

本当の英語力をつけてから 附属泉丘に行くと 有利ですよ。

数学に時間を回すことができるので(*^。^*)

 

[blogranking1]


よく読まれている記事