【 来年度から 小5小6で 600から700単語の英単語を習得 】

 

少し小さいかもしれませんが(笑)

英単語を載せています。

 

来年から 小学英語でも 英語のカリキュラムが本格的に始まります。

 

金沢市は先行して授業をしていますが

野々市や白山など 他の地域でも完全実施されます。

 

ちょっとお遊びのような英語から

ガチンコの英語に変わります。

 

文科省が提唱しているのは 上記の単語です。

 

なんと 600から700単語を

小学生のうちに習得します。

 

そして 中学も合わせると

さらに増加することが予想できます。

 

 

今現在は 

厚物の後ろにもありますが

1200単語です。

 

ゆとり教育の時には

900単語でした。

 

今度は 小学校の時に 600から700単語です。

 

ゆとりの時は 900単語で 附属泉丘を受験していたわけです。

 

これは 差がつきます。

完璧に高校の内容が前倒しになることが予想されます。

 

事実 金大も 今年の入試から 全部英語。

オールイングリッシュ。

問題も 答えも 問題文も全て英語。

 

今の英語教育に関係のない学年も影響を受け始めています。

今回の文科省の改革は 本当に本気です。

 

石川県の高校入試も

昨年 大幅に英単語数が増加しました。

長文が長くなりました。

 

今年もそのまま行くと私は 思っていましたが。。。

 

 

今春の入試で さらに 200単語から 300単語 

長文に単語が追加されました。

 

「英語を制するものが進学校を制す」なのです。

 

今後の流れは 「超長文」です。

 

英語が先行して学習できていると

本当に 受験的にも 

社会的にも

これからの世界との友達作りにおいても

有利なことは確かです。

 

また 英語という教科自体

コツコツすることによって伸びる教科なので

人間力もつきやすいと私は思っています。

 

 

時代は どんどん進んでいきます。

金沢の地方に住んでいても

アンテナを高く高く高く持って

積極的に生きていきたいものです。

 

英語 大事です。

 

スタハ たつむら

 

 


過去1年で よく読まれている記事