【 合格体験記 大阪大学経済学部  金沢錦丘  現役 】

 

 

大阪大学

経済学部 合格

 

金沢錦丘

現役

 

 

私は 中2の4月からスタハに入りました。

当時は長時間の学習に慣れておらず

苦労しました。

しかし 明るい教室長に支えられて

毎日塾で長時間学習するという学習習慣を身につけることができました。

この習慣は 高校で1番強力な力になりました。

学習習慣を早く付けることの大切さを実感し

教室長には大変感謝しています。

高校では塾長に言われて数学を中心にやりました。

数学がだんだん得意になり

入試でも力になってくれたのでよかったです。

英語は毎日少しでもやるようにしていました。

3年の時は 毎日、長文1題を必ずやっていました。

これも入試で力になりました。

国語は学校の補習を中心にセンター後から本格的にやりました。

手法を意識していくと解答例に近い答案になっていきました。

制限時間が心配でしたが入試では

時間を余らせて書ききれました。

模試などの成績については

12月になっても不安の残るものでした。

センター模試の結果が100点も届いておらず不安でした。

しかし毎日 学校やスタハで頑張りました。

その結果、センター本番は目標点を取れました。

平均点が高いこともあり志望校判定はC判定でしたが

出願しました。

滑り止めの私立もあることから、と安心していたのでしたが

その私立に落ちてもうダメだと思いました。

しかし塾長に慰められて自分を信じて最後まで頑張りました。

前期の後も 後期に向けて頑張りました。

その結果

志望校(前期)に合格しました。

とても嬉しかったです。

学校の先生、家族、スタハ、友達には

とても感謝しています。

毎日学校で授業を受けて自習をして

夜はスタハに行くという学習スタイルをとっていましたが、

これは大きな力になると思います。

教室長だった今井先生、そして辰村先生 橋本先生 りょうさんなどのスタハの先生方

ありがとうございました。

スタハに入ってよかったです。

 

 

この子も 本当に頑張り屋さんだった。

ストイックにとっても頑張りました。

中学までに英語を得意教科にして

高校1年からは 数学に没頭して

数学も力をつけました。

 

最後 阪大がC判定

名大が B判定

名大 教育が A判定だったと思いますが

初心貫徹の阪大を受験しました。

スタハらしいなあと 思いながら

ずっと 見守っていました。

 

いつも

スタハに住んでいましたね。

どこの校舎にもいましたね(笑)

 

やはり 帝大は

本気の勉強を継続して初めて

合格するところ。

 

素敵な学習習慣を身につけて

一生懸命

医学部の先生方に質問しまくって

合格していきましたね。

 

あなたを誇りに思います。

おめでとうございます。

 

スタハ 辰村

 

 

 

 


過去1年で よく読まれている記事