【 大学進学しやすい普通科 軒並み倍率増加 】

 

能登地方は 七尾高校

加賀地方は 小松と 小松明峰。

 

金沢地方は 泉 二水 桜 錦を中心とした普通科

 

ここに受験者が集中している。

 

対極的に

前のブログでも書いたが

定員割れが 過半数。

 

スタハ たつむら

PS 進学校に行くためには 

  当然早めの努力が必要。

 

石川県ブログランキングに参加しています。よろしければポチっとお願いします!

にほんブログ村金沢情報の方もポチポチお願いします(^^♪ 2個押すとニコニコになります(^^♪ 【速報 2016実績】  【3月17日判明分】(開塾5年目) 滝高校(愛知) (偏差値72)1名○ 西南学院高校(福岡)(偏70)1名○ 県立福岡高校(福岡県)(偏70)1名○ 金沢泉丘高校 29名(30名中) 97%○ 金沢大学附属高校 4名(5名中)○ 金沢二水高校 17名(24名中)○ 石川高専2名   ○富山高専1名○ 金沢桜丘2名 金沢錦丘高8名 金沢西高8名 明倫高4名○ 自由ヶ丘(福岡)スーパー特進(偏66)1名○ 星稜 金沢 北陸学院 金沢学院      私立奨学金 26名獲得○ 金沢大学附属中学2名 ○  金沢大学附属小(複式)1名 (倍率3倍以上)○ 金沢錦丘中学 5名(倍率2倍以上)○ 北陸学院中学 2名○ 星稜中学 1名○ 国立電気通信大学 1名(泉丘) 石川県立看護大学 1名(伏見出身)○ 東京薬科大学 1名(偏差値60)(金沢)○ 北陸大学(薬学部) 1名(二水)○

過去1年で よく読まれている記事