【 問題を解くきっかけは「学校」で  それをできるようにするのは「自分」で( ◠‿◠ ) 】

 

問題を解くきっかけは 「学校」で

それをできるようにするのは 「自分」で( ◠‿◠ )

 

「自分」で何回も何回も繰り返し「演習」するのです( ◠‿◠ )

 

その時に 

答えや参考書を見ても

ちょっとわからないなあというところを

すぐに ピンポイントで教えてくれたら

心強いですよね。

 

それが スタハの仕組みです( ◠‿◠ )

 

 

わからないところは 

やっていくうちに「たまに」出てくるものです(笑)

「演習」とはそういうものです。

 

だから

スタハの時間は 長いのです(笑)

 

演習には 時間がかかるからです( ◠‿◠ )

 

この仕組みにのっかた人は

やはり強いです( ◠‿◠ )

 

 

スタハ 辰村

 

 


過去1年で よく読まれている記事