【 合格体験記 金沢泉丘 しっちゃん 】

 

金沢泉丘

合格体験記

 

私は 小学生の頃にスタハに入って

その時から塾長に泉丘の話をされて

自然と高校はそこに行くものだと思っていました。

 受験生になって私は 自分が恵まれていることに

気づきました。

塾では仲間と切磋琢磨でき 

先生が親切に教えてくれ

双子だったおかげで家でもライバル意識で勉強を続けられました。

模試の結果で泣きそうになっても

諦めずに学校の休み時間をなくして勉強し続けました。

そしてその努力が結果となり表れたことは本当に嬉しいです。

支えてくれたみんなのおかげでここまでこれました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

 スタハは 本当に勉強量が多いです。

1日中 塾にいるなんて普通の世界です。

たくさん刺激を受けます。

入った時は とてつもなくバカだったけど

刺激を受けて自分を変えることができました。

私は 今もまだまだ足りないと実感しています。

これからが勝負です。

感謝の気持ちを忘れず

上を目指して努力していきたいです。

 

 

この子も頑張り屋さん。

小学校の最初の面接の時を

鮮明に覚えている。

 

優しいお母様に連れられて

可愛い双子ちゃんの女の子が来た。

その一人が彼女だ。

 

親も私たちスタハをずっと信頼してくれて

任せましたという スタンス。

 

二人とも

いつも笑顔で

私の心を 癒してくれました。

 

いざ 勉強となると

驚異的な集中力を

身につけていきました。

 

鉄板の学習習慣を身につけました。

 

高岡校も

仲のいい校舎で

みんなで 休み時間 盛り上がっていました(笑)

 

いざ 勉強となると

シーンとなり

高校での勉強の土台を作れたなと

感じたものです。

 

 

いよいよ 高校です。

 

スタートラインに立ちましたね。

 

ここからが 本当の勝負です。

 

 

スタハ 辰村

 


過去1年で よく読まれている記事