【 努力を努力と思わないようにする気高い生き方 】

この間 慶應に合格した子がスタハ に遊びにきてくれた。

彼女は 本当に輝いていて

東京での生活が楽しくてしょうがないみたいだった。

その時

努力の話になった。

そしたら

「先生ー 私 その言葉 嫌いなんです。」

と 釘を刺された。

私から見たら「努力の塊」

表面上は そんな姿。

「ストイック」と言う言葉がぴったりの彼女だったのにだ。

考え方が 180度違った。

いつも 慶應での生活を夢見て

努力を重ねていた彼女。

その報いを一心に見つめて生活していたと語ってくれた。

彼女の方が 本当に 上だと感じた。

努力といったら 苦しいイメージがある。

とにかく彼女は

先の将来を見つめて

どんどん 現在進行形で頑張っていたのだ。

行動は 現在進行形だが

思いは もう 未来の自分しか見ていないのだ。

私にとっては

本当に革命だった。

これからは 

未来を一心に見つめて

現在を送っていきたいと強く思った。

なかなか 48歳(笑)から 

変えるのは難しいと思うが

同じ人間にできるのだから

絶対できる。

この考えで

どんどん 生きていきたい。

さらに楽しい人生になりそうだ。

スタハ  辰村


過去1年で よく読まれている記事