【 今日も医学部の子と面接した 】

 

医学部の人と面談して思うことは

英数理ができるのは当たり前。

 

それに どうしても 「国語」の力が

大事ということだ。

 

国語は 成績が上がりにくい科目と言われている。

それは 塾人としてその通りだと思っている。

 

ただ 上がりにくいけど

上がる科目でもあることを

塾人生から知った。

 

やはり 国語の時間を取り

しっかりとしてやっている子たちは

偏差値や点数が上がる。

 

とりわけ

高校はいぞがしすぎて

みんな 数学で手一杯になる。

 

 

そんな中 やはり

国語もさせていきたい。

 

数学に時間が取られるのはわかるけど

国語もしていきたい。

 

スタハ たつむら

 

PS 国公立の医学部に行くためには

  やはり 国語の力も大事だ。

 

  国語は 時間をかけて

  毎日少しでもいいので

  文章に触れさせていきたい。 

 

[blogranking1]


よく読まれている記事