【 重要 】【 世界共通プログラム バカロレア教育プログラム 】

あくまでも日本の文科省の教育管轄。

 

 

では最近言われている国際バカロレアとは?

 

以下文科省のホームページより。

 

1. 国際バカロレアとは

1.国際バカロレア(IB)について  

国際バカロレア機構(本部ジュネーブ)が提供する国際的な教育プログラム。
国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)は、1968年、チャレンジに満ちた総合的な教育プログラムとして、世界の複雑さを理解して、そのことに対処できる生徒を育成し、生徒に対し、未来へ責任ある行動をとるための態度とスキルを身に付けさせるとともに、国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保することを目的として設置。
現在、認定校に対する共通カリキュラムの作成や、世界共通の国際バカロレア試験、国際バカロレア資格の授与等を実施。 

2.IBのプログラムについて 

国際的な視野を持った人材を育成するため、生徒の年齢に応じて、以下の教育プログラムを提供。
平成29年6月1日現在、世界140以上の国・地域、4,846校において実施。

  1. プライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP) 【1,509校 (国内:22校)】
    3歳~12歳を対象として、精神と身体の両方を発達させることを重視したプログラム。どのような言語でも提供可能。1997年設置。
     
  2. ミドル・イヤーズ・プログラム(MYP) 【1,398校 (国内:14校)】
    11歳~16歳を対象として、青少年に、これまでの学習と社会のつながりを学ばせるプログラム。どのような言語でも提供可能。1994年設置。
     
  3. ディプロマ・プログラム(DP) 【3,209校 (国内:33校)】
    16歳~19歳を対象としたプログラムであり、所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)が取得可能。原則として、英語、フランス語又はスペイン語で実施。 1969年設置。

  4. キャリア関連プログラム(CP) 【136校(国内:-校)】
    16~19歳を対象として生涯のキャリア形成に役立つスキルの習得を重視した、キャリア教育・職業教育に関連したプログラム。一部科目は英語、フランス語又はスペイン語で実施。2012年設置。

 

最近は 文科省が重い腰を上げて

どんどん この教育を受け入れようとしている。

 

これこそ 留学への近道。

世界への近道。

 

日本はこの学校数を見てわかるように

相当な遅れをとっている。

 

石川県にもこのプログラムを受講できる学校は

1校もない。

 

 

ただ スタハを通して

 

オークランド インターナショナル カレッジ(高校)に

受験する最短距離は

とにかく 開けた。

 

しかも そこは 世界的に見ても

超名門校。

 

高校1年から世界の超一流の若者たちと

学べる場所。

 

石川の教育の夜明けなんです。

 

世界への近道なんです。

 

 

スタハ  辰村

 

PS     数人ですが関心ある人が

  どんどん 問い合わせてくださっています。

 

  今年から スタハメソッドを通して

  海外の高校にチャレンジします。

 

  まさしく今は 教育の明治維新。

 

  世界の大学へ飛び立って欲しい。

 

  今後のさらなるグローバル化に向けて。

 

 

 

 

 


過去1年で よく読まれている記事