【 世界のMBAスクール 】

 

スタンフォードや

インシアード(フランス シンガポール)

ロンドンビジネススクール

 

それぞれ 外国人学生の割合は

41%

97%

92%と

 

外国人の割合が 非常に高い。

 

世界の優秀な学生が集まり

そこで 何年間か 

高度な化学反応する。

 

違う文化 違う国の人と

多くの時間を過ごすことは

これから世界で活躍する上での

大きな土台になるだろう。

 

そして その繋がりが

社会に出てからも

大きな基盤になっていくのだろう。

 

フェイスブックとか

ツイッターの友達も

世界中にいるのだろうなあ。

 

すごいな。

 

そして 異国の地で

文化や その地の思考などを

吸収し どんどん成長する姿が眼に浮かぶ。

 

大学卒業したら

ぜひ MBAに行ってほしいなあ。

 

スタハ 辰村

 

 

 

 


過去1年で よく読まれている記事