【 イメージの最たるものは 「一流」】

 

イメージする上で

1番の近道は

 

最高のものを

見せたり経験させることです。

 

2番や3番ではなく

限りなく 本物を。

 

限りなく 一流のものに

お子様を 触れさせることだと思います。

 

 

野球で言えば メジャーを見に行くとか

サッカーで言えば ワールドカップ。

 

芸術で言えば 一流のコンサートに行くこと。

 

ミュージカルで言えば アメリカの本場、「ブロードウェー」に行くことなど。

 

人間で言えば 素敵な人格者に会わせてあげたりすること。

 

 

世界の一流に接する機会を 

意識して持つことは

本当に大事。

 

 

スタハ  辰村

 

PS   大人として 私たち親や 先生も成長し続ける必要も

  もちろんあります。

 

  ひいてはそれが 子どもの潜在意識に加わるので。

 

  お金がかかりますが

  多くの場合 それ以上に 子どもたちの未来は

  明るくなると思います。

 

  日本に そのイベントが来たり

  ましてや 金沢に来る機会もあると思いますので

  それを 見に行ったりすることができると思います。

 

  そしたら 交通費かかりませんしね(笑)

 

  


過去1年で よく読まれている記事