【 イメージ → 行動  → 人生が 変わる 】

 

イメージ

行動

人生の転機

 

 

 

潜在意識は 身体と直結している。

イメージしたことは そのまま

行動に現れやすくなる。

 

 

ということは

どんなことを子供に

イメージさせたらいいのか?

 

 

子どもの情報源のほとんどは

親と学校、塾の先生と友達でしょうか。

 

 

また 「役割モデル」としても

親や先生は 大きなウエートを占めます。

 

 

子供にとって

身の回りの大人(親 先生)は

私たちが思う以上に

子どもたちの世界の大部分を占めています。

 

 

つまり

子どもの潜在意識を形成する「情報源」は

親や先生になります。

 

もちろん 多角的な生活をしている家庭なら

その影響は薄れると思いますが

大部分は 先生か親になると思います。

 

 

だから 私たちには

責任があるのです。

 

 

スタハ   辰村

 

 

 

 


過去1年で よく読まれている記事