【 第2弾 】【 さっきのビリギャルの続き(笑) 〜  ライン編 〜  】

↑   アメリカのビック3に入る自動車会社 フォードも頑張った。

 

 

 

さっきの記事の続き。

 

高校の合格発表の3日後のラインでの会話。

要は ビリで泉丘に合格してから3日後。

 

まず

前の先輩の記事を送る

http://studyhouse1.com/burogu/【%E3%80%80去年%E3%80%80金沢泉丘に%E3%80%80400番で入った子のそ/

 

 

そして

辰村 「 最初のテストで 100点とるよ。」

   「 数学 100点取りきるよ。」

彼女 「 家族みんなで読みました(笑)」←    上の先輩のブログのこと

   「 頑張ります!。」

辰村 「 伝説を作るよ。」

   「 歴史を作るよ。」

   「 主人公は あなただよ。

     脚本家は私(笑)

 

     登場人物は

     両親

     まるまるちゃん ← 個人情報(笑)

     ほこほこちゃん ← 個人(笑)

     ウルルちゃん  ← 同じく

     あはははちゃん ← 4人 書いていたw

     スタハのみんな

     イケメン

     通行人A(笑)」

彼女  「 笑笑 」

    「 いい物語作りますよ笑笑 」

辰村  「 ○○ 大好き。

      ○○の 努力の部分や優しい部分が素敵。

      泉で 1位取れる。」

彼女  「 1位!?!?」

    「 400位から1位は凄すぎる(笑)」

辰村  「 当たり前じゃん。」

    「 脚本家 イケメンだから(笑)」

 

 

 

そして 彼女は 宣言通り 数学100点を取って

学年1位になりました。

 

そして 英数国でも 248点とって

学年58位にまで上がりました。

 

 

リアルビリギャル(笑)

 

人生面白いね(笑)

 

 

 

まあ まだまだ 通過点

もっと 上に行きますよ(笑)

 

スタハ 辰村

 

PS    だって 高校入った後のことを考えて

  徹底的に 私たちは みんなで 準備してきたのだから。

 

  テクニックとかそんなの使ってないので(笑)

 

 


過去1年で よく読まれている記事

4 件 のコメント “【 第2弾 】【 さっきのビリギャルの続き(笑) 〜  ライン編 〜  】”
  1. 空海 より:

    二水の新一年生です。
    いつも読ませていただいています。
    新入生テストで、数学51点取ってしまいました。
    合計は、200点でした。
    今習っている数学の因数分解とか、数Aの集合とかも結構つまづいてるような感じです。
    今からでも挽回は可能でしょうか?

    1. studyhouse より:

      空海さま

      こんにちはー

      絶対挽回可能です。

      頑張ってください。

      ゴールデンウィーク

      勉強を頑張り

      中間テストにかけてください。

      スタハ 辰村

      もし 7月の進研模試までに回復しなかったら

      スタハに来て 治療を受けてください(笑)

  2. 紀 友則(母) より:

    こんにちは

    紀です。
    新入生テストも終わりひと段落つきました。

    新入生テストの校内順位も出ましたが
    小松高校はあまり勉強しない学校なのかなぁと
    思いました。やはり、出来る子とそうではない子の点差が開いています。

    ところで先生に質問ですが、
    高校の運動部の部活動はやった方が良いと思いますか?

    先生の率直な意見が聞きたいです。

    うちの子は、部活動をすると勉強が疎かになるので
    文化部に入ったのですが、
    本当は運動したいみたいです。

    1. studyhouse より:

      紀 友則(母)様

      こんにちは。

      お久しぶりです。

      ひと段落つきましたね。

      お疲れ様です。

      このゴールデンウィークの過ごし方が大事ですので

      習慣を守り続け

      ゴールデン後の中間テストに備えてください。

      部活は 人それぞれなので わからないですね。

      まず 鉄の心で 勉強し続けることが大事だと思います。

      私は 個人的には 部活をやってほしい派ですが

      部活をして

      バランスを崩している生徒もたくさん見て来ました。

      また 部活も 緩い部活と 厳しい部活がありますので

      同じ運動部というくくりでも 見ることができないのが実情です。

      また 今年ぐらいから

      働き方改革で 部活が休みになるところもありますので

      色々なことを 加味して考えることができると思います。

      また 通学時間の長さでも色々 判断は 分かれると思います。

      あらゆる要素がありすぎて

      一概に いうことは難しいと思います。

      スタハ 辰村

      PS ズバッと言えなくてすいません。

         色々ご考慮いただき ご判断ください。

コメントは受け付けていません。