【 ある親戚の家庭 】

 

ついでに思い出した。

ある親戚の家庭の話。

 

私は その家族が大好きです。

お父さんも面白い人。

お母様がしっかりものでお優しい人。

 

 

 

そこのお母さんと話したことがあるが

 

「まず 教育ですよ。」と言っていた。

力強かった。

 

 

3人子どもがいて

一生懸命 教育に「時間とお金」をかけていた。

 

 

2人の男の子は 有名中高一貫の私立から早稲田に行き

損保ジャパンと

電通に入っている。

 

電通の彼は 今 海外勤務。

損保ジャパンの彼は ずっと本社勤務。

2人とも 将来有望だ。

 

女の子は キャビンアテンダントになり

今 結婚して 上海に住んでいる。

 

今 ご両親は 残念ながらお亡くなりになられているが

ご両親は 子どもが自活できるよう

しっかりと 子育てをさせ切っていた。

 

 

3人とも素敵なお子様というか大人。

 

お母様の言葉が 今も 心に残っている

 

「 先ずは 教育。 当たり前ですよ。」

 

 

スタハ  辰村

 

PS   いろいろな考えがあると思うけど

  私も 両親が比較的(笑) 教育熱心だったので

  今の自分があると思っている。

 

  本当に感謝しまくっている自分がいる。

 

  転勤族の息子だったが

  引越しの度に いい塾を探してくれたり

  学校から近いところに 家を借りたり。

 

  そして その地方の文教地区や 治安がいいところに

  引っ越ししてくれた。

 

  習い事もたくさんした。

 

  当時は 当たり前というか

  両親の愛に あまり気づいていなかった。

 

  今は 猛烈に感謝している。

 

  本当にありがとう。

 

 

 

 


よく読まれている記事